ダニカが第103回インディ500のスタジオ解説者に

2019年03月20日


第103回インディアナポリス500マイルレースのホスト局であるNBCは元インディカードライバーのダニカ・パトリックを解説者に起用することを発表しました。

NBCはこれまでのABCに代わって今年初めてインディ500のホストTV局を務めます。

ダニカは放送席での実況コメンタリーではなく、プリレースからポストレースまでを別室のスタジオで番組ホストを務めるマイク・ティリコとともにレース解説を担当します。

ダニカ・パトリックは2005年にインディカーにデビューし以来、インディ500には7回出走。そのデビューイヤーから”ダニカ旋風”を巻き起こして、決勝レースでは史上初の女性ドライバーとしてラップリードを記録。レースはダン・ウェルドンが優勝したものの話題は全てダニカがさらっていきました。

2008シーズンにはインディジャパンを制してインディカー史上初の女性優勝ドライバーとなっています。

2013シーズンからはNASCARに移籍して、開幕戦のデイトナ500ではポールポジションを獲得するという派手なデビューを飾っています。

2018シーズンいっぱいで現役を引退しましたが、そのラストシーズンには”ダニカ・ダブル”と称してデイトナ500とインディ500の両方に参戦。インディ500では7番グリッドスタートから67周目にターン2で単独スピンをして30位に終わっています。