琢磨選手のガレージで

2019年05月16日


https://rahal.com/live-feed/


2日目のプラクティスの終盤、琢磨選手は早めにガレージに引き上げてきていました。

ライブ映像を見ていると、ダラーラのアンドレア・トーゾ氏とオーウェン・スナイダー氏が2TOPでやってきて、リアウイングを細かく見ている様子。

さらにはトーゾ氏はノギスでリアウイングのところどころを測っていました。
何をチェックしていたのでしょうねえ?
しかもトーゾ氏が直々に。

アンドレア・トーゾ氏はダラーラオーナーのジャン・パオロ・ダラーラ氏の娘婿でインディカーがダラーラを採用した時のインディカープロジェクトのリーダーでした。最近はアメリカ法人のトップはステファノ・ディポンテ氏に譲ってイタリアの本社に戻っていました。

トーゾ氏と一緒にガレージに来ていたスナイダー氏は元メカニックで1992年のアル・Jアンサーに優勝時のチーフメカニックでした。その後はチーバーレーシングでエンジニアをしていました。