琢磨選手、ラップバックへの軌跡を徹底追跡!!

2019年05月29日



スタートは5列目ミドル。
マルコ、ハータ、エリオをパスして、12周目には11番手までアップ。
そのまま最初のスティントを誰よりも走って37周目にはラップリーダーに。

38周目に1回目のピットストップ。
しかし、ピットで時間がかかり、大きく後退して19位でピットアウト。


右リアのホイールナットの締め付けが十分ではなく、ペースが上がらずにグラハム、フェルッチ、ハンターレイに立て続けに抜かれて24位へ後退。


「リアの状況がおかしい」と無線で伝えて、41周目に2回目のピットインでタイヤのつけ直し。
これで1周遅れに。


そのまま周回遅れで走行して、64周目にはラップリーダーのパジェノーが琢磨の4秒背後に迫る。
計時上は1周遅れだが、ほぼ2周遅れの状態。


すぐ背後に迫っていたパジェノーが65周目にピットイン。


ここでてっきり1周遅れの表示だった琢磨はラップバックできていたものと思っていました。
実際はパジェノーは琢磨の前でブレンド。琢磨はラップバックできずに1周遅れのままに。


ラップリーダーだったディクソン以下ほぼ全員がピットインしたところで、73周目にカイザーがクラッシュしてイエローに。
琢磨ステイアウトしていたものの、前述の通りパジェノーに押さえられてラップバックできず。


パジェノーの背後にいた琢磨選手はこのイエロー中の76周目にルーティンピット。
1周遅れのまま26位でピットアウト。


113周の時点で暫定リーダーだったローゼンクビストがアンダーグリーンでルーティンピットインした時点で21番手でラップバックするも、114周目にアンダーグリーンでルーティンピットインして1周遅れの25位。


138周目にエリクソンがピットでスピンしてイエローに。このイエローはちょうど各車のピットタイミングと重なって、リードラップの全車が結果的にピットインしたことにより、ステイアウトした琢磨選手はラップバック。
琢磨選手の2台後ろにパジェノーがいるので、このままペースカーを抜いて(ウェーブアラウンド)、リードラップの隊列の最後尾まで追い上げてからピットイン。
リードラップの18位でリスタート。


さらに幸運は続き、ピットタイミングが一番遅い琢磨選手はこのスティントも一番引っ張って、177周目にはラップリーダーに。


178周目にラストピットでピットレーンに飛び込んだ瞬間にターン3でマルチカークラッシュが発生してイエローに。これで、琢磨選手の背後にいた殆どのクルマがスローダウンを余儀なくされて、琢磨選手は7番手でコースに復帰。そのままレッドフラッグ。


コーションラップ再開後にピットに入り損ねていたピゴットがピットイン。ブレンドで琢磨選手の前に出たデイリーが琢磨選手の後ろに下げられて、5番手で188周にリスタート。


フレッシュタイヤフルリッチの琢磨選手は、その周のターン3でカーペンターを豪快にアウトサイドパスして4番手へ。


残り10周のバックストレッチで、ニューガーデンをあっさりパスして3番手へ。


192周目で前の2台を追いかけるところでピットに対して無線で「Leave Me Alone!!」。
放送でもその無線音声が聞こえます。


最終的には3位フィニッシュしました。