ウェイトジャッカーが戻されていなかった可能性

2019年06月09日



琢磨選手がピットレーンで左にステアしてすぐに左フロントタイヤがロックしていました。
タイヤスモークも出ていなかったので、左フロントにはほどんど荷重がかかっていないように見えます。

燃料消費に伴って右リアの荷重が減少していくために、ウェイトジャッカーで右後輪の車高を下げる操作をしますが、その結果、対角線上の左フロントの荷重は減少します。

つまり、ウェイトジャッカーが元に戻っていなかったのか、左フロントの荷重が少なくなった状態でタイヤがロックした可能性も考えられます。