トロントでの85周はサンドバックを2時間

2019年07月14日



地元トロント出身でここで2勝しているポール・トレイシー兄貴はエキシビション特設コースでの5周のレースを「ボクシングジムに行ってサンドバッグを2時間打ち続けるのに等しい」とコメントしています。

パワーステアリングの無いインディカーでこのバンピーなコースを85周すると腕の感覚がなくなるそうです。