2022シーズンよりハイブリッドシステムを導入

2019年08月02日



インディカーはシボレー、ホンダと連携して2022シーズンより単一エネルギー源によるハイブリッドシステムを導入し、レース内容と安全性の更なる充実を図ることを決定しました。

これまでの歴史においても常に技術革新を積み重ねてきたインディカーですが、ハイブリッドパワートレインの導入によって、これまでのハンドヘルドスターターでのエンジン始動からコクピット内でのドライバーによるエンジンスタートに切り替えられます。

ハイブリッドシステムはシボレー、ホンダが製造供給する内燃エンジンと並列に装着され、そのパワープラントが発生する馬力は世界中のレース界でもトップクラスとなる900馬力オーバーとなることが見込まれています。

ハイブリッドシステムは多相モーター、インバーター、蓄電池によって構成され、レースカーのブレーキシステムによってエネルギーが回生されます。

今回のハイブリッドシステム導入によってさらに多角的なレース展開となるだけではなく、ドライバーには新たな恩恵ももたらされます。

エンジンの始動はドライバーが自らコクピット内で行えるようになり、エンジンパワーが大幅にアップするだけではなくレースの全体的なペースアップが見込まれます。

そして、ハイブリッドシステムの導入に先駆けて2021シーズンより新設計のシャシーが導入され、それに合わせてエンジンも新規格の物が導入されることになっています。

さらに新たな技術導入と共にシボレー、ホンダに加えてエンジンのOEM供給の機会が広げられます。

今回導入されるハイブリッドシステムはロードストリートコースでのオーバーテークアシストシステムのプッシュトゥパス(P2P)と連動し、その最高出力は900馬力オーバーを目標としています。

安全面ではコース上でエンジンストールした場合にドライバーによってすぐに再スタートできるようになります。これによりレース再スタートまでの時間が大きく短縮されることが見込まれます。

この新エンジンレギュレーションは2022年から2027年まで最低6年間は継続され、参加マニュファクチュアラーとチームに対してレギュレーションの安定化が確約されます。現行エンジンも2016年から2021年までの基本レギュレーションが固定化され、シボレーとホンダは2021年までのホモロゲ―ション(承認)を得ています。