ヴァンポート・オレゴン

2019年09月03日



中継中に現地のCM明けの提供読みのバックで流れてきた古い白黒写真。
「ヴァンポート・オレゴン」とありましたが、調べてみました。

現在のポートランド・インターナショナルレースウェイがある場所は1940年代は「ヴァンポート・オレゴン」と言う名の黒人労働者の居住区でした。当時のポートランドは造船業などで大いに栄え、多くの労働者が集まってきていました。

しかし、1948年の5月に雪解け水と2回の大量の降雨が重なってコロンビアが川が氾濫。その川の中州に作られたこの居住区は洪水で破壊され15人が犠牲になりました。


当初は排他的な扱いを受けて居住区を作った黒人労働者他達でしたが、この洪水の後はポートランドの人たちに受け入れられて市街地の方に移り住んでいったのだそうです。

いまは、レースウェイの近くに石碑が残っているということです。

この歴史、今回の映像が出るまで知りませんでした。