アスターカップ

2019年09月11日



インディカーのシリーズチャンピオンに贈られるカップは「アスターカップ」と言います。

アスターカップの起源は1915年にさかのぼり、ニューヨーク州のシープシェッドベイに建設された1周2マイルの「木製の板張りオーバルコース(ボードトラック)」で行われた350マイルレースのアスターチャレンジカップレースの優勝トロフィーとしてビンセント・アスターによって建造されました。

スピードウェイは1919年で幕を閉じ、跡地は住宅地になるものの、頂点を極めた者を称える象徴として2011年にインディカーシリーズチャンピオンに贈られる優勝トロフィーとしてに復活。カップ自体は復元やレプリカではなく当時のオリジナルの物です。

アスターカップの基台となる御影石の部分には1909年からの歴代のオープンホイールシリーズのチャンピオン名が刻まれています。

現存するプロスポーツのトロフィーとしてはNHLのスタンレーカップに次ぐ歴史を持つと言われています。