ロードコースでのソフト(レッド)タイヤの使用セット数について

2019年09月24日



ロードコースでのソフト(レッド)タイヤの供給セット数は、2017シーズンから3セットから4セットに変更されました。

各チームが予選前にソフトタイヤのパフォーマンスを把握できるようにするのがその目的です。それ以前は各チームは予選でぶっつけでソフトタイヤを使用していました。

ソフトタイヤの供給セット数は1セット増えましたが、金曜日の練習走行終了時にハードとソフトそれぞれ1セット返却しなくてはなりません。
なので、ソフトタイヤの本数は土日で3セットになります。

土曜にはプラクティス3と予選が行われますが、プラクティスではソフトタイヤは使わずに予選に温存します。

予選では3セットのうちの最大2本を使用します。
Q1=新品1セット目
Q2=新品2セット目
FAST6=どちらか中古1セット

なのでQ1敗退の場合は新品ソフトが2セット手元に残ります。
Q2で使用するタイヤも、決勝レースで使用する必要があるのでせいぜい2周か走っても3周しかしません。