2019シーズンは1秒差以内での勝利が6レース

2019年09月27日



2019シーズンは6レースで1位と2位の差(MOV)が1秒差以内での勝利がありました。これはこの5年間で最も多いレース数となります。

そして、アンダーグリーンでチェッカーとなった15レースの内の13レースで、MOVが3秒以内でした。

中でも2つのコースで最少僅差記録が生まれ、ミッドオハイオではディクソンがチームメイトのローゼンクビストに0.0934秒差で勝利し、ゲートウェイでは佐藤琢磨選手がカーペンターに対して0.0399秒差で勝利しています。

2018シーズンは1秒以内での勝利は1回だけで、ポートランドで佐藤琢磨選手がハンターレイに対して0.6084秒差で勝利しています。

2年連続で琢磨選手はシーズン最少僅差記録をマークしています。

MOVが1秒以内だったレース数は以下の通り。
2019: 6
2018: 1
2017: 5
2016: 4
2015: 3

MOVが3秒以内だったレース数は以下の通り。
2019: 13
2018: 6
2017: 10
2016: 8
2015: 9