ジョン・アンドレッティが亡くなる

2020年01月31日



元インディカードライバーのジョン・アンドレッティが1月30日に大腸がんのため56歳でなくなりました。ジョンは2017年に大腸がんのステージ4であることを公表し、闘病生活にありました。

ジョンはマリオ・アンドレッティ双子の兄弟のアルドの息子で、マイケルのいとこになります。

CARTとインディカーで83レースに参戦。1991年のゴールドコーストではホールVDSから参戦して1勝しています。2007年にはパンサーレーシングからインディ500に参戦し、松浦孝亮選手のチームメイトとなっていました。

NHRAドラッグレーシングのトップフューエルではセミファイナルラウンド進出したほか、NASCARカップシリーズには2勝を挙げ、デイトナインターナショナルスピードウェイでのペプシ400とショートトラックのマーティンスビルで勝利しています。

1989年にはデイトナ24時間レースにも参戦し、ボブ・ウォレク、デレク・ベルとともにポルシェ962をドライブして総合優勝しました。

ジョンの息子のジャレット2019年はピレリチャレンジシリーズのGT4に参戦して2勝したほか、2018年は同シリーズのTCRクラスに参戦し、レーサー鹿島選手のチームメイトでした。

R.I.P