2020シーズン、テクニカルレギュレーションの主な変更点

2020年03月09日

テクニカルレギュレーションの主な変更点をご紹介します。

14.4.2.10.2
ドライバーは体重がプラスマイナス3ポンド(1361g)以上の変化があった場合は次の走行セッションまでにドライバーバラストを調整しなければならない。
※ドライバーの体重と装備品とドライバーバラストの合計は185ポンド(84㎏)にしなければならない(14.2.2)

16.6 認可外のエンジン交換
16.6.1.2
認可外のエンジン交換を行った場合はオーバルイベントで予選9ポジション降格、ロードストリートレースで6ポジション降格のペナルティとなる。そのペナルティはエンジンを交換した当該イベントもしくはテストの次のレースで科せられる。

16.6.1.3
インディ500では認可外エンジン交換によるペナルティは適用されない。インディ500で適用となるペナルティ、もしくはインディ500期間中に発生したペナルティはその後のイベントで適用される。

16.6.2.2
エントラントの希望でエンジン交換を行った場合は16.6.1.2. で定められたペナルティに加えてドライバーポイントとエントラントポイントをそれぞれ10点をはく奪とする。

18.1.2 メディアカル/レスキュー対応
18.1.2.1
ドライバーはインディカーが定めた手順と基準を満たしたうえで8秒以内に脱出できる状況でなければならない。