【途中経過】みんなが選ぶ10番勝負 ②インディカー編

2020年04月05日

4月5日 10:41現在の途中経過です。
エクセルに張り付けてソートしているので、
下記のフォーマットを守っていただけると非常に助かります。
じゃないと集計大変です。

ツイートする場合は
かならずハッシュタグ「#インディカー10番勝負」をつけてください。
そうしないと集計に反映されない恐れが高くなります。

2000 ミシガン モントーヤ対マイケル
2002 テキサス(チャンピオン決定のクローズドフィニッシュ)
2002 ミシガン:トーマス・シェクター&バディ・ライス、ラスト20周余りの猛追劇→1-2フィニッシュ。ニッサン・インフィニティ・パワー大炸裂!。
2003 シカゴランド(ロジャー安川の健闘、3ワイドフィニッシュ)
2003 シカゴランド:ホーニッシュJr.VSディクソンVSブライアン・ハータ、3ワイドクローズド・フィニッシュ!。
2003 もてぎ(スコット・シャープの真骨頂)
2003天野 シカゴ ロジャー優勝逃し、ホーニッシュ大逆転優勝
2004 もてぎ (DW初優勝)
2006 インディ500 サム・ホーニッシュJr.対マイケル
2006稲嶺 インディ500、呪われたアンドレッティ家
2006 インディ500 親子
2007 シカゴランド ダリオ対ディクソン
2007 もてぎ(是非本人に新たに解説してもらいたい)
2008 インディジャパン300:ダニカ・パトリック、女性ドライバー初優勝。
2008 カンザス(七年殺し)
2008 サーファーズパラダイス (体制がシーズン中とは変わっていて新鮮)
2008 シカゴランド ディクソン対エリオ
2008 テキサス (パックからサバイバルレースへ)
2008 アイオワ 武藤発表彰台
2008 もてぎ ダニカ悲願の初優勝!
2008 もてぎ ダニカがもつと知った瞬間の興奮
2009天野 ホームステッド イエローなしでダリオが優勝+チャンピオン
2012稲嶺 フォンタナ最終戦、リーダー12人の大混戦
2013 INDY500(TKが遂に報われた)
2013 フォンタナ
2015 インディ500 モントーヤがチームメイトバトルを制して、16年ぶり2回目のインディ500制覇を成し遂げ、無線で喜びを爆発させました!
2015 デトロイト ブルデーvs琢磨
2015 フォンタナ (インディらしいスリルと興奮)
2015天野 ソノマ ディクソン&ガナッシ4台体制がペンスキー倒す
2015稲嶺 ソノマ最終戦、ディクソンとモントーヤが同点
2015稲嶺 ポコノ、パワーがLダウンからの優勝リードチェンジ42回
2015 フォンタナ これぞオーバル
2015 ポコノ 7ワイド
2016 テキサス ヒンチがレースのほとんどを支配していたが、最終ラップでレイホールに優勝を持っていかれてしまったレース。
2016 テキサス
2016天野 ミッド・オハイオ パジェノー優勝
2016稲嶺 インディ500、ロッシ大逆転
2017 アイオワ エリオのインディカーシリーズ最後の優勝。
2017 テキサス これぞオーバル
2017 テキサス 2ミリオンクラッシュとドクロブラザーズ
2018 インディ500
2018 インディ500 パワーが残り5周で優勝
2018 セントピート ウィッケンズが終始安定した走りで初GP初優勝か?と思われたファイナルラップで、ロッシと接触し悔しい初GPとなったレース。
2018 デトロイト レイホールが2連戦優勝
2019 インディカーGP
2019 インディ500 パジェノーとロッシのバトル
2019 インディGP ディクソンvsパジェノー
2019天野 インディー500 ロッシが驚異的パス連発