【チームゴウ公式リリース】アレックス・パロウ、インディカーのロードコース・デビューに 自身をさらに奮い立たせ、自信をみせる

2020年07月03日


公式ウェブサイト
https://www.teamgoh.com/
公式インスタグラム
https://www.instagram.com/team_goh_motorsports/

デイル・コイン・レーシング with チームゴウのルーキー、アレックス・パロウは、2020年のNTTインディカー・シリーズ第2戦となる今週末のGMRグランプリを、自身のルーキーシーズン、真のスタートと捉えています。

先月のテキサス・モーター・スピードウェイでシリーズデビューを果たしたパロウは、自身のキャリア初となる高速オーバルでのレースで貴重な経験を積みましたが、他車のクラッシュに巻き込まれ、短時間でレース終了を強いられました。

第2戦となる今大会はインディアナポリス・モーター・スピードウェイの2.439マイル、14ターンのロードコースで開催されるため、キャリアの全てをロードコースで戦ってきたパロウにとっては、これまでの経験をフルに生かせる環境でのレースとなります。

◆アレックス・パロウのコメント
「インディアナポリス・モーター・スピードウェイで開催されるGMRグランプリに興奮しているよ。先月のテキサスは僕にとってNTTインディカー・シリーズ初の公式レースだったんだけど、3ヶ月のオフを経た後の、僕にとっては初めてのオーバルでのレースだったこともあって、この週末が僕にとって 「非公式な」インディカー・シリーズ初レースのように感じているんだ。」

「ヨーロッパや日本で経験を積んできたロードコースを走れることがとても嬉しいよ。チームは昨シーズン、このコースでマシンの良いセッティングが出せていたし、今週末もクイックにいけると思うよ。デイル・コイン・レーシング withチームゴウのホンダで、今週末は良い結果を出したいね。」