【レース前情報】インディアナポリスGP

2020年07月04日



【予選】
各チーム、レッドタイヤを極力温存しようと必死だった模様。
予選も1ラップアテンプトの所が多かった様子。その影響でQ3終了1分前にピットアウトしたニューガーデンは計測開始最初のターンでオーバーシュートしてノータイムの6位に。

【レースフォーマット】
     周回数=80L 207マイル=314キロ
フューエルウインドウ=24周(MPG=3.25)

スタート=ローリング
リスタート=シングルファイル
ピットストップデルタ約37~39秒(給油時間を含む)
残り15周以降のリスタートは周回遅れは最後尾へ


【これまでのウィナー】
2019 Sパジェノー 2:00
2018 Wパワー 1:50
2017 Wパワー 1:43
2016 Sパジェノー 1:50
2015 Wパワー 1:42
2014 Sパジェノー 2:04


【これまでのポールシッター】
2020 Wパワー  1:10.1779
  2019 Fローゼンクイスト 1:08.2785
2018 Wパワー 1:09.8182
2017 Wパワー 1.07.7044 (トラックレコード)
2016 Sパジェノー 1:08.6868
2015 Wパワー 1:09.4886
2014 Sサベードラ 1:23.8822(ウェット)


【佐藤琢磨@インディGP】
2020 予選17位
2019 予選11位 決勝14位
2018 予選11位 決勝10位
2017 予選22位 決勝12位
2016 予選20位 決勝18位
2015 予選22位 決勝9位
2014 予選16位 決勝9位


【プッシュトゥパス】
トータル200秒(3分20秒) 1回最大20秒

【ピットレーンリミット】
時速50マイル=80キロ


【ピットアウトルール】
ピットアウトしたレースカーはターン1のエイペックスまでインサイドの
白線内を走らなければならない。


【ローカルイエロールール】
ローカルイエロー区間は15%以上減速しなければならない


【インディカーGPウィナー】
過去5大会でWパワー3勝とSパジェノー3勝。


【スコット・マクロクリン】
結局欠場に


【スペンサー・ピゴット】
#45 RLLRでのエントリー。
今期はインディアナポリスGP、インディ500、の参戦は決定。
RLLRとシトローン/ビュールとのコラボレーション。


【セイジ・カラム】
#24 ドレイヤー&レインボールドレーシング(DRR)
DRRがロードコースイベントに参戦するのは
2013年にオリオール・セルビアがサンパウロに参戦して以来、7年ぶり
カラムは昨シーズンはインディ500に加えて
カーリンからトロントとアイオワにも参戦。


【ブライアン・ハータ】
インディアナ州のフードバンク協会のスポンサーカラー


【フェリックス・ローゼンクイスト】
開幕戦ではレース後にガナッシから相当なお説教


【サンティーノ・フェルッチ】
電子機器メーカーのMAUSERがプライナリースポンサーに


【インディアナポリスモータースピードウェイが大改修】
30基のビデオスクリーンを新設。
ビクトリーレーンにリフトを新設。
     全てのトイレを改修。ここに一番力を入れたとのこと。


【RLLR初の日本人メカニック】
須藤翔太さん。
昨年まではチームトムスでSGTを担当。
今年から単身渡米。