【レース前情報】ロードアメリカ・グランプリ

2020年07月11日



【2020 第3戦4戦ロードアメリカGP レース前情報】

エントリーリスト
http://www.imscdn.com/indycar_media/documents/2020-07-07/indycar-entrylist-road%20america%20r1.pdf
http://www.imscdn.com/indycar_media/documents/2020-07-07/indycar-entrylist-road%20america%20r2.pdf
レーストラック
https://digbza2f4g9qo.cloudfront.net/-/media/IndyCar/Schedules/TrackMaps/RoadAmerica-TrackMap.jpg?vs=1&d=20190118T142711Z
スポッターガイド
https://digbza2f4g9qo.cloudfront.net/-/media/Files/2019/IndyCar/10-RA/indycar-spotterguide.pdf?vs=1&d=20190618T193646Z

【レースフォーマット】
周回数=55周 220.77マイル=355km
フューエルウインドウ=15周(MPG=3.35)
スタート=ダブルファイル
リスタート=シングルファイル

【ロードアメリカ】
4.014マイル=6.44キロ
コーナー数14
ピットストップデルタ(差分)=32秒+(給油時間≒満タン8秒)
高低差=約53m シリーズで1番の高低差

【ファステストラップ】
1:39.866 Dフランキッティ(2000)

【ポイントスタンディング】
Sディクソン    104 2勝
Sパジェノー    75
Jニューガーデン 64
Cハータ     58
Gレイホール   54

【過去のウィナー】
2019 Aロッシ      1:39 ノーコーション
2018 Jニューガーデン 1:40 ノーコーション
2017 Sディクソン 1:47
2016 Wパワー 1:39
2007 Sブルデイ
2006 AJアルメンディンガー
2004 Aタグリアーニ
2003 Bジュンケイラ
2002 Cダマッタ
2001 Bジュンケイラ
2000 Pトレイシー
1999 Cフィッティパルディ

【過去のポール】
2019 Cハータ 1:42.9920
2018 Jニューガーデン 1:43.2026
2017 Hカストロネベス 1:41.3007
2016 Wパワー 1:42.2105
2007 Sブルデイ
2006 Dクラーク
2004 Sブルデイ
2003 Bジュンケイラ
2002 Bジュンケイラ
2000 Dフランキッティ
1999 Mアンドレッティ
1998 Mアンドレッティ

【佐藤琢磨@RA】
2019 予選6位 決勝10位
2018 予選7位 決勝4位
2017 予選20位 決勝18位 単独クラッシュ
2016 予選15位 決勝17位 スピードリミッタートラブル

【ファイアストン・ファイアーホーク】
プライマリー(ハード/ブラック)=9セット(ルーキーは+1セット)
コンストラクションは去年と同じ
コンパウンドは耐摩耗性を維持してグリップ向上
オルタネート(ソフト/レッド)=5セット
コンストラクションは去年と同じ
コンパウンドはグリップは維持して耐摩耗性を向上
レインタイヤ7セット

【P2P】
最大200秒(2分20秒) 1回最大20秒

【予選フォーマット】
今回はともに1デーイベントでのダブルヘッダーで
2レースとも決勝レース直前に予選が以下のフォーマットでおこなわれる。

①土曜日午前中の75分間のプラクティスでのタイムを基準に
奇数順位と偶数順位で2つのグループに分ける。
②各グループは12分間の予選セッションを行う。
③最速タイムがポールポジションを獲得。
④ポールポジションを獲得したドライバーがいるグループが奇数グリッドを獲得する。

【スペシャルカラー】
#15 TOTAL QUARTZ | Lubricants
トタルの高級オイル、5W-40
日曜日は3/5銀行がプライマリースポンサー

#21 Direct Supply
シニアライフのサポートサービス

【クーリングダクトを追加】
ヘルメットへの外気導入ダクトを単体側に追加して使用可能に。
土曜日のプラクティスセッションではエアロスクリーン上端に
トップダクトが設置されて効果が確認される。
http://blog.gaora.co.jp/indy/2020/07/32094

【ルール変更】
①ドリンクボトルをサイドポッド内からコクピット内へ移設
②ウインドシールド担当ピットクルーのドリンクボトルの受け渡しが可能に
http://blog.gaora.co.jp/indy/2020/07/32083

【須藤翔太さん】
今回は#30の担当に。アシスタント的なポジション。