ナッシュビルでミュージックシティーGPを開催

2020年09月17日



来年の8月にミュージックシティのナッシュビルに新たなサウンドが響き渡ることになります。

インディカーは来年の8月6日から8日までテネシー州ナッシュビルでミュージックシティGPの開催を発表しました。スピードと音の祭典となるミュージックシティGPはナッシュビルのダウンタウン近くにあるNFLテネシータイタンズの本拠地である日産スタジアム周辺に特設コースが設営されての開催となります。

観客はレースイベントの他にもトップアーティストによる音楽イベントやトップクラスのシェフが腕を振るった料理などを堪能することができ、ミュージックシティと呼ばれるナッシュビルならではの多様なエンターテイメントが融合したイベントを楽しめることになります。

このイベントはテネシータイタンズと日産スタジアムの全面協力の下で開催され、市街地に設けられるコースは日産スタジアムにパドックが設営されイベントの中核となります。そして、市街地の中心部を流れるカンバーランド川にかかる朝鮮戦争退役軍人記念橋を渡ってナッシュビル中心部を通過するという他に例がないユニークなコースレイアウトになっています。

インディカーシリーズに新たな市街地コースが追加されるのは2013年のボルティモア以来で、11のターンと長いストレートを結んだコースはこれまでにない市街地レースを見せてくれることになるでしょう。



ナッシュビルでのミュージックシティGPのコースの特徴となる朝鮮戦争退役軍人記念橋のスペックは以下の通り。

固定アーチ橋
全長506m
径間174m
幅34m
地上高58m
桁下24m