エリオとヒンチが代理参戦

2020年09月26日



エリオ・カストロネベスが次回のインディカー・ハーベストGPにオリバー・アスキューの代役としてアローマクラーレンSPの#7をドライブします。

アスキューはミッドオハイオでのダブルヘッダーの後に平衡感覚の不調を訴え、インディカーメディカルチームの診断を受診。その結果、レース復帰には不適合としてインディカーが定めた経過観察を受けることになっています。

カストロネベスのインディカー出走はインディ500以来。チームペンスキー以外でのインディカー参戦は1999年のホーガンレーシング以来となります。


そして、アンドレッティオートスポーツ(AAS)のザック・ビーチがハーベストGP前にチームを離れることを発表しました。ビーチのチームとの契約は2021シーズンまで残っていましたが2020シーズン終了を待たずしての離脱となりました。

2020シーズン残り3戦に関してはジェイムス・ヒンチクリフがビーチに代わって#26をドライブすることが発表されています。26のプライマリスポンサーのGAINBRIDGEは引き続き活動を継続します。

ヒンチクリフは今シーズンはAASから#29でテキサス、インディGP、インディ500と3レースに参戦。インディ500で7位フィニッシュしたあとはNBCのピットリポーターを務めていました。