アクション満載のハーベストGPレース1

2020年10月03日



ノーコーションのレースでしたが出入りの激しいレースでした。

優勝はポイント2位のニューガーデン。ハータやビーケイに格の違いを見せつけて2位のロッシに14秒差での優勝。フロントロー1点、ラップリード1点、最多ラップリード2点のボーナスポイントもかき集めて最大ポイントの54点を獲得。ディクソンとの差を72点差から40点差へ!


2位フィニッシュは2輪脱輪でのパスでトラックリミットのペナルティ(順位を戻す)を受けて悔しがるロッシ。インディ500での案セーフリリースに続くペナルティに不服の態度。ニューガーデンとの14秒差をもっと詰められたかどうかは不明。


3位フィニッシュのリナス・ビーケイはキャリア初のポールポジションスタートから最終スティントは5位までポジションを落とすものの、最後は盛り返して3位フィニッシュ。キャリア初表彰台。ルーキーポイントもリード!


4位は29周をリードするもタイヤを酷使しすぎてポジションを落としたハータ。


5位フィニッシュはローゼンクイスト。最終スティントは3位まで上がるも、周回遅れに手こずってP2Pを使い果たし、残り5周でロッシとビーケイにかわされて5位フィニッシュ。


予選4位から危ないシーンがありながらもディクソンの前で6位フィニッシュしたパワー。
残り2レースはディクソンの前にいることが重要!


佐藤琢磨選手は予選でのスピンで24番グリッドから6ポジションあげての18位フィニッシュ。最初からギャンブル狙いでウイング寝かせ目の低ドラッグ仕様でイエロー&トップオフでの2ストップを狙って超燃費走行でじっと最後尾をトロトロ走行。こういう時に限ってスタート直後ののアクシデントは無くノーコーション。結局燃料は足りずに3ストップに変更。3セットしか手元にないレッドタイヤ温存もあって最後はハードタイヤで我慢の走行。最初から3ストップ作戦だったらもっとジャンプアップできたか・・・。
明日はケイヒンがプライマリースポンサー。