シリーズチャンピオンの表彰式はライブストリーミングで開催

2020年10月16日



今年のシーズン表彰式は現地10月29日木曜日にライブストリーミングされることが決定しました。

毎年最終戦のレース表彰式の後にスタンド前にステージを特設してセレモニーが行われますが、今年はイベント終了5日後に行われ、シリーズチャンピオンへのアスターカップ贈呈の他に、シリーズチャンピオン以外にも様々な賞典が授与され、その対象者をファンの投票で決めることになっています。

新設される採点の対象はインディカーシリーズ2020シーズンに加えて、開幕前に開催されたバーチャルレーシングのインディカーiRacingチャレンジの6レースも対象となります。

インディカーiRacingチャレンジでは以下の賞典が予定されています。
①もっともワイルだだったアクションに贈られる「Wildest iRacing On-Track moment」
②インディカードライバー以外のゲスト参加者に贈られる「Best iRacing Guest Star」

さらにレギュラーシーズンでの出来事に対して以下の賞典が予定されています。

その一つが「Best Radio Moment of the Year」で、最もエキサイティングだった無線交信を選ぶというものです。選択候補には
①ゲートウェイでのハータとビーケイのバトルの交信

https://www.youtube.com/watch?v=NDoh2MAqNCE

②インディ500での佐藤琢磨選手のフィニッシュ直後の交信
③ミッドオハイオでのディクソンのブロッキングに関するやり取り

https://www.youtube.com/watch?v=akNJWVZ0wzo

④ハーベストGPでのロッシのトラック違反直後のやり取り

https://www.youtube.com/watch?v=TrtF7lfGMv4

最も印象的だったシーンに贈られる「On-Track Moment of the Year」では
①インディ500でのマルコのポールポジション獲得
②ロードアメリカでのローゼンクイストとオワードの優勝争い
③アイオワレース1でのパジェノーの最後尾からの優勝
などが、投票対象になる予定になっています。

ファン投票で決定する上記焦点の他には、シーズン中で最も述べ順位を上げたドライバーに贈られる「TAG Heuer “Don’t Crack Under Pressure”」アワード。ポールポジション獲得者の中で最もドライバーズポイントが上だったドライバーに贈られる「NTT P1 」アワード贈られます。

シーズンを通じてトータルピットタイムが短かった上位3チームには「Firestone Pit Performance Award」が贈られ、1位=7万5千ドル、2位=5万ドル、3位=2万5千ドルの賞金が授与されます。

ファンの投票は現地17日から受付となります。