エド・ジョーンズがデイルコインに復帰

2021年01月28日



UAE出身のエド・ジョーンズがデイルコインレーシングに復帰して2021シーズンはフル参戦します。

カーナンバーは18でデイルコインレーシングwithバッサーサリバンの所属。バッサーは元インディカーチャンピオンのジミー・バッサーで、サリバンはスピン&ウィンのダニー・サリバンではなく、実業家のジェームス・サリバン。

ジョーンズは2016年インディライツチャンピオンとなって、100万ドルのスカラーシップを得てデイルコインレーシングからインディカーデビュー。その年のインディ500で3位フィニッシュし、ルーキーオブザイヤーを獲得しています。

UAEのアブダビ出身で25歳のジョーンズはマイアミ在住。シーズン2年目の2018年はチップガナッシに移籍し、ロングビーチとデトロイトレース2で3位表彰台に乗っています。

2019シーズンはエドカーペンターレーシングからロードストリート要因としてインディ500を含む13レースに参戦。

2020シーズンはドイツツーリングカー選手権(DTM)にフル参戦する予定でしたが感染症拡大でドイツ入国ができず、レース活動を断念しています。

デイルコインレーシングは#19がまだ空席ですが近日中に発表されることになっています。