JRヒルデブランドがAJフォイトの4台目でインディ500に参戦

2021年04月09日



AJフォイトレーシングがAJフォイトの1961年のインディ500初優勝60周年を記念して、当時の優勝車のカラーリングとカーナンバーを復活させたリバリーでJRヒルデブランドを第105回インディアナポリス500に参戦させることを発表しました。

1961年のインディ500は1911年の第1回大会からちょうど50周年。この年はF1世界チャンピオンのジャック・ブラバムがミッドシップレイアウトの英国製クーパー・クライマックスでインディ500初参戦して9番グリッドを獲得。前年にUSACナショナルチャンピオンタイトルを獲得したAJフォイトはフロントエンジンロードスターのトレビス・オッフェンハウザーで145.903mphで9番グリッドからのスタート。

決勝レース終盤はポールシッターのエディ・ザックスとAJフォイトの一騎打ちとなり、ラスト10周でスプラッシュを余儀なくされたAJフォイトはザックスにリードを奪われるも、ザックスはラスト3周でタイヤトラブルが発生。フォイトが8秒差でインディ500初優勝を飾っています。

このレースの5か月後にまだレンガ舗装だったフロントストレッチ部分がアスファルト舗装され、スタートフィニッシュラインの1ヤードを残して、すべてのアスファルト舗装が終了しています。

今回で11回目のインディ500参戦となるJRヒルデブランドはカリフォルニア州出身の33歳。過去10回の参戦ではデビューイヤーの2011年の2位フィニッシュが最高位。その他3回のTOP10フィニッシュを記録しています。

ヒルデブランドのインディ500参戦により、AJフォイトレーシングはブルデイ、ケレット、キンボールと4台を走らせることになります。

これでインディ500のエントリーは34台になる見込みです。