開幕戦で運命を分けた2ストップ対3ストップ

2021年04月19日



予定よりも1週間遅れで開幕したインディカーシリーズは上限2万人の観客動員でアラバマ州のバーバーモータースポーツパークで開催。シーズン2年目でチップガナッシレーシングに移籍したアレックス・パロウが二人の元チャンピオンを押さえてキャリア初優勝を飾るというこの数年とは違った幕開けとなりました。

ポールスタートだったパト・オワードは3ストップ作戦を選択するも裏目に出てしまって4位フィニッシュし、またしても初優勝はお預けになっています。

レースはオープニングラップでのマルチカークラッシュなどもあって、最初の11周で8周のイエローラップが発生。これで燃費的に2ストップで行ける可能性が見えてきたため、パロウ、パワー、ディクソン、エリクソンは2ストップにしてピットデルタタイムの約27秒を稼ぐ作戦に。

予選キャリアベストの3位スタートだったパロウは最初の6周のイエローラップで2ストップの可能性を探り始め、リスタート後には前を走るオワードとロッシの走りを見てその2台が3ストップのペースであることを確信。あとはピットの指示通りの燃料消費量で周回数を走ったとパロウはコメントしています。

ポールスタートだったオワードは25周をリードしてファステストラップも記録したものの、ピットアウトするごとにコールドタイヤとトラフィックでもタイムをロスして初優勝はおろか表彰台に上ることすらできませんでした。

最終スティントはパロウ、パワー、ディクソンの優勝争い。如何にプッシュパスを有効に使いながら燃費走行をするかという、盾鉾の使い分けを強いられる戦いが展開され、パロウはテールエンダーのデイリーに引っかかりながらもパワーからは逃げ切りました。

パワーはラストピットをパロウよりも1周遅らせて、コースに復帰した時は5秒差を2秒差まで縮めましたが、ファイナルラップでのミスもあって2位フィニッシュで終わっています。