サンパウロを終えて

2011年05月06日

佐藤琢磨選手は惜しかったです。
トップに立った時の抜きっぷりは見事でした。
でも私と解説の武藤さんは冷静でした。

録画だったから、結果を知っていたからってのもあります。
でも生だったとしても、燃料とタイヤの問題がありましたから「まだだ・・」という気持ちを常に持ち、努めて冷静になろうと意識したと思います。
チェッカーフラッグが振られるその瞬間まで。

ステイアウトという作戦は結果を知っていても「完全なミス」だとは思いませんでした。
マルコ達も同じ作戦を取りました。
琢磨選手達は「何か起これ!」と思っていたし、パワー達は「何も起こるな!」と思っていたでしょう。
結果“何も起こらなかった”のです。

もし、琢磨選手ステイアウト後イエローやレッドが出たら・・・それはもう大興奮だったでしょうね。

私は琢磨選手が勝てなくて残念ではなく、あそこまで闘えたことが嬉しかったです。

琢磨選手は常勝ドライバーではありません。
しかし今後そうなるかもしれません。
その“はじめの一歩”がいつ訪れるのか?その時を今か今かと楽しみに待ち続けたいのです。


レース実況1時間。雑談3時間。

2011年05月02日

シリーズ第4戦サンパウロ・インディ300は大変な中継となってしまいました。
レッドフラッグが振られた瞬間「あぁ、これは3人で繋がなきゃな・・」とは思いましたが、まさかその“繋ぎ”で中継が終了するとは思いませんでした(笑)

ディレクターの機転で『ツイッター質問コーナー』を急遽募集。
スタジオは写ってなかったですが3人ともスマートフォンを操作しながら喋ってました。
どの質問に答えるのかの判断は完全にこちらにお任せ。
何を喋るのかもこちらにお任せ。
やってる本人達も「本当にこんなんでいいの?」と思いつつフリーダムにやらせていただきました。
ディレクターからたまに入る指示はCMのタイミングくらい。こっちの喋りにはノータッチでした。

はっきり言って前代未聞のレース実況&解説だったと思います(笑)
恐らく編集版ではほとんどカットでしょう。
なので、あの3時間の雑談は生中継をリアルタイムでご覧になった方々と、録画してご覧になる方々だけが聞くことの出来るレア音声です。
夜中だけど白昼夢みたいなものです。

延期になったレースがちゃんと行われれば、3日の夜に東京のスタジオで改めて実況入れをします。
東京のスタジオは定員2名のとても狭いブースなので解説は武藤さん一人になる予定です。
4日の23時より放送予定ですので、こちらも是非ご覧になって下さい。


新大阪行きの新幹線にて

2011年04月17日

この後早朝4時30分より2011インディカーシリーズ第3戦ロングビーチ生中継スタートです。
とても遅いというか早い時間、しかも月曜日、視聴される方は大変だと思います。

今回、昨年までインディカーシリーズに参戦していた武藤英紀選手が解説デビューします!
武藤さんがどんな解説をするのか今から楽しみです。
皆さん、今のうちに早寝して早朝GAORAにてお会いしましょう!


GAORAインディカー中継、実況担当の村田晴郎です

2011年04月02日

只今、開幕戦のオンエアを見ながらこのブログを書いてます。
開幕戦のSt.ピーターズバーグは都内のスタジオでの録画実況収録です。
二畳ちょいのとても狭いブースに解説の松田さんと一緒に録っています。

録画なのでレースの結果は勿論知っているのですが、レース内容は事前に情報を入れないようにしています。
ディレクターのInamine氏も仰ってるように『録画でも生の緊張感を』というのを意識してます。
そして何と言っても、自分がレースを楽しむようにしております。

GAORAをご視聴の皆様もお茶の間をサーキットだと思って、本場のノリで楽しんで下さい。
隣には私と松田さんがいると思って楽しんでいただけるといいかなと思っております。

今シーズンも宜しくお願い致します!

村田晴郎