ITAIPAVA

2011年04月30日

このブラジル戦のイベントスポンサーになっている「ITAIPAVA」。
調べてみたら、ブラジルのビールでした。

http://www.cervejaitaipava.com.br/index/intro

今シーズンはトニー・カナーンのオンボード映像が映るたびに
「ITAIPAVA」のロゴが見えていたので気になっていたのですが、
この週末はカナーンとエリオの2台が
「ITAPVA」のスペシャルカラーで走ります。


味のほうはどうなのでしょうか?
現地リポート担当の天野さんに訊いてみましょう。


エリオの憂鬱

2011年04月29日


開幕戦ではスタートで何台かを撃墜し、
前回のロングビーチ戦でもJウィルソンとWパワーに追突したHカストロネベス。
レース中のペナルティこそは無かったものの実質保護観察状態にあります。

今回はブラジルのビール「ITAIPAVA」がスポンサーになってのスペシャルカラー。
故郷の地で金網にのぼれるでしょうか?


ミルウォーキー戦のコメンタリー布陣が決定!

2011年04月28日

その日はスーパーGTのセパン戦があって、
松田、松浦、武藤の三選手はお留守。

そこで、どなたか二名を探さなければなりませんでしたが
本日うまく決定しました。

GAORAのインディカー中継は特に「実況」「解説」と役職を分けていないので
3人共にコメンタリーです。
ミルウォーキー戦も一味変わった面白い実況になりそうです。

詳細はGAORAモータースポーツページの更新語後に。


いずれもTOP5を狙えた佐藤琢磨選手

2011年04月27日


開幕戦はキャリアベストとなる5位フィニッシュで
上々のシーズン開幕となった佐藤琢磨選手。

つづく、アラバマでも予選11番手からスタートし
もらい事故がありながらも7番手までポジションアップ。
レース終盤でブルデイと接触して16位フィニッシュに終わりましたが
TOP5は十分に見えたレースでした。

こないだのロングビーチでは予選22番手と
後方からのスタートになったにもかかわらず、
うまくアクシデントを避けつつ、ポジションを7位まであげたところで
Gレイホールに追突を食らって21位。

ラスト2レースはこれからというところのアクシデントだっただけに残念です。
インディカーレースほど作戦が分かれて、アクシデントが多く
「タラレバ」が楽しめるレースは無いでしょう。

あの時に「・・・ああしてタラ」「アクシデントに巻き込まれてさえいなけレバ」と
次のレースでは色々作戦を想像するための一考になるはずです。


来年デビューのニューインディカー

2011年04月26日



エンジンは2.2リッターのV6ターボエンジン。
現在はホンダとシボレー、ロータスが参戦に名乗りを上げていますが、
フォルクスワーゲンからも頻繁に技術的問い合わせが来ていると訊いています。

シャシーはイタリアのダラーラが基本コンポーネンツを製作し
そのほか各社がエアロパーツを製作販売することになっています。

これらエンジンとシャシーを含めた年間コストは
従来よりも45%も安くなるというのだから驚きです。

シャシーは1台34万9千ドル、エンジン込みで38万5千ドルと価格が決まっています。
28台分に関してはインディアナ州から助成金が15万ドル支給されます。
エアロパーツは1セット最高7万ドルです。
いずれも改造やスペシャルパーツの使用は許されず。市販されなければなりません。
つまり、ペンスキーが独自パーツを開発したとしても一般に市販されなければなりません。

この着せ替え式レーシングカー、
色々なエアロパーツメーカーの参入が予定されていて非常に楽しみです。