会心の勝利 Dフランキッティ

2011年04月02日

セントピートではこの5年間未勝利だったDフランキッティ。
5年間でのラップリードは18周で、昨年は6位フィニッシュ。

苦手としているのはSディクソンも同様ですね。

2006 Dフランキッティ 16位
2008 Sディクソン  22位
2009 Sディクソン  16位
2010 Sディクソン  18位

昨年はペンスキー勢の開幕3連勝に続いたのはRハンターレイでした。

しかし、今年はWパワーを引き離しての52ポイント獲得。
Sディクソンこそは例年通りにクラッシュしましたが、
今年のDフランキッティのさらなるパワーアップ振りは脅威ですね。


2列リスタートは否か

2011年04月02日

今シーズンから採用された2列リスタート。


色々否定的な意見はありますが、
冷静に見てみると、コレを原因とするフルコースイエローは1回だけでした。
ソレもルーキーのサベードラがスピンしたのみ。
そのほかのイエローの原因はターン1以外の場所。
なので、それほど声高に否定する必要はないのではないでしょうか?


スタート時こそ、マルチカークラッシュになりましたが、
これは、以前のセントピート戦でもおなじみのシーンでした。


MコンウェイがTVインタビューで語っていた通り、
「スタートはいつも2列なんだから関係ないよ」というのが実情のようです。


ただ、RハンターレイがTVインタビューで、
「NASCARじゃないんだから、あんな狭いエリアでリスタートさせるのは馬鹿げてる」
といっていたように、リスタートでの加速開始地点が最終ターンから
コントロールラインの200m前にしてしまったのは距離が短すぎたかもしれません。
倍くらいあったほうが、もう少しいいような気がします。


2列スタート自体は毎レース必ず行っているので、
リスタートゾーンさえもう少し広く取れば、
さらにエキサイティングなリスタートになると思うのですが、
コメンタリーのみなさんや番組をご覧のみなさんはどう思いますか?






GAORAインディカー中継、実況担当の村田晴郎です

2011年04月02日

只今、開幕戦のオンエアを見ながらこのブログを書いてます。
開幕戦のSt.ピーターズバーグは都内のスタジオでの録画実況収録です。
二畳ちょいのとても狭いブースに解説の松田さんと一緒に録っています。

録画なのでレースの結果は勿論知っているのですが、レース内容は事前に情報を入れないようにしています。
ディレクターのInamine氏も仰ってるように『録画でも生の緊張感を』というのを意識してます。
そして何と言っても、自分がレースを楽しむようにしております。

GAORAをご視聴の皆様もお茶の間をサーキットだと思って、本場のノリで楽しんで下さい。
隣には私と松田さんがいると思って楽しんでいただけるといいかなと思っております。

今シーズンも宜しくお願い致します!

村田晴郎