スピードウェイの場内アナウンサー

2011年05月24日

60年間場内アナウンスを務めたトム・カーネギーは今年に2月に
91歳でなくなりました。
詳しくはこちらに記してあります。
http://gazoo.com/G-BLOG/GazooRacing08/284033/Article.aspx

カーネギーの功績をたたえたレリーフが
ビクトリーレーンすぐ横ののグランドスタンドにあります。


現在、メインアナウンサーを務めるのは
地元TV局でスポーツキャスターを務めているデイブ・キャラブロ氏。


1985年からTカーネギーの下でアシスタントアナウンサーとして
しゃべり始めて、現在はメインアナウンサーとなっています。
デイブの声もカーネギー譲りの超低音で、
決まり文句の”Heeee’S on it!”などもカーネギーそっくりです。

http://www.wthr.com/story/825427/dave-calabro?redirected=true


レースの殿堂 インディアナポリスモータースピードウェイ博物館

2011年05月24日


スピードウェイのインフィールド、ターン1と2の間にある
インディアナポリスモータースピードウェイ博物館。
朝9時から午後6時まで開館し、入場料は5ドルです。

今回は100周年記念ということもあって、
過去の優勝レースカーが館内いっぱいに展示されていました。

現地観戦される方は必見です。