松田さんを探せ!

2011年05月31日

今回は100周年記念イベント参加のため
現地に足を運んだ松田さん。

残念ながら、回線混雑で
放送中に電話でお話しすることはできませんでしたが
中継画面に映っているのを発見しました。


横には服部茂章さんの姿も見えますね。
中継スタッフのスイッチャー担当者が発見しました。

反対側にはヒロ松下さんの姿も見えます。


チップガナッシの誤算

2011年05月31日

ファイナルラップで燃料切れになってしまい
ピットインしたDフランキッティ。
一体チームはなんでこんなミスをしてしまったのでしょうか?


L158でRブリスコーとTベルのクラッシュで
イエローになりましたが、
ピットオープンでピットインしたのは
ダニカ、バゲット、キンボール。


あと1周でリスタートとなるL164で
リーダーだったダリオと8位だったヒルデブランドが
ピットに飛び込んできました。ここで残り36周。
何とか最後まで走れる周回数です。
これはいい作戦に出てきました。
(下写真)


この時点で4位にいたSディクソンはステイアウト。
Cガナッシとしてはどちらに転んでも
優勝が十分に狙えるところでした。


しかし、この時に実際には満タンにすべきところを
なぜか、燃料が十分に入っていませんでした。

結果、Dフランキッティは燃料が足らず
もう一回ピットインして12位フィニッシュ。


一方のSディクソンもL180で
アンダーグリーンで最後のピットストップをして
そのまま最後まで全開で行く作戦に出ました。


一時リードしたダニカ、バゲットらの燃料が足らず、
ピットに消えて行ったあとは燃料セーブに励むトップ勢を尻目に
時速220マイルオーバーを連発して
ラスト3周の所ではヒルデブランドに続く2番手にまであがってきました。

しかし、レースリザルトは5位。
明らかに最後は燃料セーブのためにペースダウンしていました。


予選のポールデーでも、
DフランキッティはTOP9を決めるセッションでも
4周目に燃料切れになってしまい
暫定ポールから9番グリッドに転落しています。


ここまで3度もの燃料計算ミス。
一体どうしてしまったのでしょうか。