インディでの名物レースファン

2011年05月26日


写真左の「チェッカーおじさん」と
写真には写っていませんが「ピンバッジおじさん」は有名ですが、
この右側のトロフィーおじさんははじめて見ました。


ちゃんとレースカーが走ってます。

シアワセそうです。


タグリアーニとサム・シュミット勢の強さの秘密

2011年05月25日


AGRで2007年にDフランキッティのインディ500優勝と
シリーズチャンピオン獲得に大きく貢献したのが
エンジニアのアレン・マクドナルド。

2010年には新設されたFAZZTレーシングへ移籍し
Aタグリアーニとコンビを組んで、
昨年のインディ500では2列目の5番グリッド獲得。
10位フィニッシュでした。

そのFAZZTレーシングをサムシュミット・モータースポーツが
そっくりと買収し
今年のインディ500ではTベルとDウェルドンとの3台体制で
完全にデータを共有して予選に臨みました。

その結果、
タグリアーニはポールポジションを獲得。
ベルが2列目インサイドの4番手、
ウェルドンが2列目アウトサイドの6番手と
2列目以内に3台をそろえてきました。

余談ですが、アレンはクラシック・ミニクーパーのオーナーで
以前、もてぎでは私が自分のミニクーパーを降りたところに
アレンが現れて、色々質問されたことがあります。


スピードウェイの所在地はスピードウェイ

2011年05月25日

インディアナポリスモータースピードウェイは
「スピードウェイ町」にあります。


1909にスピードウェイが建設されたあとから
町ができたわけです。


で、スピードウェイ町の町役場です。



スピードウェイの場内アナウンサー

2011年05月24日

60年間場内アナウンスを務めたトム・カーネギーは今年に2月に
91歳でなくなりました。
詳しくはこちらに記してあります。
http://gazoo.com/G-BLOG/GazooRacing08/284033/Article.aspx

カーネギーの功績をたたえたレリーフが
ビクトリーレーンすぐ横ののグランドスタンドにあります。


現在、メインアナウンサーを務めるのは
地元TV局でスポーツキャスターを務めているデイブ・キャラブロ氏。


1985年からTカーネギーの下でアシスタントアナウンサーとして
しゃべり始めて、現在はメインアナウンサーとなっています。
デイブの声もカーネギー譲りの超低音で、
決まり文句の”Heeee’S on it!”などもカーネギーそっくりです。

http://www.wthr.com/story/825427/dave-calabro?redirected=true


レースの殿堂 インディアナポリスモータースピードウェイ博物館

2011年05月24日


スピードウェイのインフィールド、ターン1と2の間にある
インディアナポリスモータースピードウェイ博物館。
朝9時から午後6時まで開館し、入場料は5ドルです。

今回は100周年記念ということもあって、
過去の優勝レースカーが館内いっぱいに展示されていました。

現地観戦される方は必見です。