明日、インディジャパンのチケット発売開始

2011年07月15日

どの席がお勧めか、
うーん、セレモニー、スタート、2列スタート、ピットワーク
これらははずせないとして、
やはりターン1が見えるところでしょうね。

そのほかのターンはたとえオーバーテイクが見られたとしても
ピットワークや2列リスタートは見逃せないですね。
これらはインディカーならではのシーンですから。


現場取材で正しい情報を得るための工夫

2011年07月14日

一番手っ取り早いのは
レース無線を聴くことです。

私は現場取材では日本人ライバーと
レースコントロールの2つを必ず聴いています。

決勝レースでは受信機を2台使用して
現地テレビのコメンタリーとレースコントロール
日本人ドライバーの3つを聴いています。

番組内でもレースコントロールと日本人ドライバーの無線は
ノーカットでそのまま放送していました。

2008年のデトロイト戦や2009年のワトキンスグレンなど
ペナルティが出される過程が番組内でも
良くおわかりいただけたと思います。

レース中に無線を聴いていないとわからない情報もあります。

2007年のもてぎでは
レースリーダーだったウェルドンの無線がいきなり壊れ
チームとウェルドンの必死のやり取りにはか
なりハラハラしましたし
2008年のもてぎでは
武藤選手は最後の燃料補給量をチームが間違えたゆえに
ペースダウンを余儀なくされるなどの緊迫感を
番組中でリポートすることができました。

これらは現地で無線を聞いていなければわからなかったですし
この事実がわかっていなければ
中継番組的にも緊張感を欠くものになっていたと思います。

また、現地TVのコメンタリーを聞いていると
特にピットリポートは非常に重要な情報が含まれています。

私はレース中はずっとピットもしくはコースサイドでビデオ撮影しているので
タイミングモニターを常時見ることもできず
これらの無線から情報はなくてはならないものでした。

公式ストリーミングでは、
ぜひレースコントロール無線を流して欲しいです。


新バーチャルスタジオ

2011年07月13日

HD対応のNEWバーチャルスタジオです。

左>
一応、3Dバーチャルなのですが、
ドン引きにすると何かさびしいですね。
3Dテクスチャーがあれば、インディカーをスタジオに置けるそうです。

rFactor用とかのもので新型インディカーの
3Dテクスチャーはないでしょうか?
誰か詳しい方、ぜひ教えてください。


VERSUSの英語実況を検証する

2011年07月12日

事故発生以降の大雑把な流れは以下の通り。

コメンタリー:これはペナルティだろうね
そのほかコメンタリー:だろうね

実況:リスタート後にダリオにはペナルティが出されるでしょう
(Dario will have to serve penalty・・・)

ピットリポート:ペナルティのようですが?
チップ:は?何でペナルティなの?よくわかんないな。

リスタート

コメンタリー:ダリオ入らないね。
実況:ダリオはペナルティを受けるでしょう。
コメンタリー:ペナルティが出る前に後続を引き離す作戦では?

しばらくして
実況:
ダリオはペナルティを受けないようです
(Now we hear from the race control that they have changed their mind and Dario will not have to serve penalty)
 
ウェルドン:
ほら、さっき僕が言ったように
チップ・ガナッシは全力でドライバーを守る行動に出るからね。。。。

しばらくして

ヤン・ビーカス:
いま、ペナルティ(the penalty that would be given for that contact)について確認したところ
レースコントールはドライブスルーペナルティを検討しましたが
レーススチュワードのアル・アンサーJr.とトニー・コットマンが映像を再確認して
ブライアン・バーンハートと再協議したところ、
ドライブスルーの適用を撤回しました。
私はそれに同意しかねるが、それが事実のようです。

その直後、

ピットリポート:ペナルティが撤回されましたが?
ティム・シンドリック:ちょっとまって・・・・・(Wパワーがクラッシュ)
フルコースイエロー。

レース後

ピットリポーター:ペナルティの撤回に関して問題になっていますが、これに関して何か抗議しましたか?
チップ:われわれはペナルティのことを知らないんだ。TVではそういう話だったらしいけど。とにかく私は聞いてないんだよ。


結局はVERSUSコメンタリーはペナルティーが出るものと思い込んで実況を進めてた模様。
実際にはペナルティは正式に出されてない。
実際には”ドライブスルーの適用を審議された”だけだったのが事実のようです。


ロードストリートでの2列リスタート

2011年07月11日

今シーズンから採用された2列リスタート(ダブルファイルリスタート)。
レースリーダーがINかOUTのどちらでリスタートするかは、
(確か)リスタート1周前までに自ら決定してレースコントロールに
申告するルールになっています。

ちなみに最初のレーススタートは
ポールシッターが予選後にINかOUTかを
決めるルールえす。

レース終盤ではレイホールのリスタートが問題になりましたが、
レイホールはインサイドスタートを選んだので
最終ターンはイン側をあけなければなりませんでした。

しかし、実際にはインベタで走ってしまい
2番手のダリオが並べなくなってしまったので
リスタートが何度かやり直しになりました。

特にトロントは最終ターンから
コントロールラインまでの距離が非常に短いので
きれいに2列を作ることが非常に難しいようでした。