佐藤琢磨選手 4日間のテストを終了

2012年02月25日

レイホールレターマンラニガンレーシングのリリースより

=========================
セブリングでのテストを終了し、
大きな進歩を達成
2月24日
=========================

レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング(RLL)は、
今週の月曜日と火曜日にバーバー・モータースポーツ・パークで
佐藤琢磨とテストを行なったのに続き、
同じ週の木曜日と金曜日にはセブリング・インターナショナル・
レースウェイで2日間のテストを行なった。

気温が華氏87度(およそ摂氏30.6度)まで上昇する暑い1日となった本日、
琢磨は1周1.67マイル(約2.7km)のセブリングを130ラップ走行し、
2日間の合計では195ラップ(約520km)を走破した。

佐藤琢磨のコメント
「今日もとても有意義な1日となりました。昨日よりもたくさんの距離を走行でき、
1日を通じて大きな進歩を遂げることができました。昨日からのテスト・プランを
継続するとともに、多くのことを学びました。テストを通じて僕たちが大きな進歩
を果たしたと実感しています。今日は少し風が強めでしたが、トラック・コンディ
ションはとても安定していて、これは大きな助けとなりました。チームの働きぶり
は素晴らしく、大きな問題もなく4日間のテストを終えることができました。この
滑り出しに大変満足しています。テストはいまのところとても順調です」

トム・アンダーソン(モータースポーツ・オペレーションのマネージング・ディレ
クター)のコメント
「セブリングでのパフォーマンスにはとても満足しています。今後できるテストが
いかに少ないかを考えると驚かざるを得ません。最初にバーバーで2日間のテストを
行なったときに比べると、私たちはまるで別のレーシングチームに生まれ変わって
しまったかのような大きな進歩を遂げました。

この環境で共に働いた経験が自分たちのパフォーマンスを向上させるのに役立った
ことは間違いありません。琢磨と、テクニカル・ディレクターのジェイ・オコネルは
お互いによく協力して素晴らしい働きぶりを見せています。ふたりは、12月のホンダ・
テストで学んだことを遺憾なく活用し、セットアップの方針を示してくれました。
これらを通じて昨日はスピードが一定の水準に到達したため、今日はそれ以外の作業
にとりかかることができました。今日は初のフルタンク走行を行なうとともに、基本
的なレース距離のシミュレーションを行ないましたが、メカニックたちの貢献により
クルマはまったく問題を起こすことなく予定を消化でき、このことに私たちは大変喜
んでいます。3月にここで行なわれるオープニングテストではさらにいい結果が得ら
れるでしょうし、シーズン開幕ではトップグループでの戦いを演じられると考えてい
ます」

IZODインディカー・シリーズはオール・シーズン・テストを3月5~6日と8~9日に
セブリングで実施し、チームはこのときテストを再開することになる。エントラント
は2グループに分けられ、RLLは3月8~9日にテストを行なう。2012年IZODインディ
カー・シリーズは3月25日のホンダ・グランプリ・オブ・セントピートで開幕する。

(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングのプレスリリースより)