インディカーニュース 2月23日

2012年02月23日

インディカーのエンジン部会はホンダ、シボレー、ロータスのエンジンサプライヤーへ
エンジン認可作業のために必要部品を送るように指示しました。

エンジンサプライヤーは規定のエンジンパーツと設計図を
インディカーエンジン部会より送られてきたコンテナに入れて
封印してからインディカーに送り返し、チェック、認可を受けることになっています。

エンジンレギュレーションは2016年シーズンまで適用され
基本的にその間のエンジン仕様の変更は禁止されますが、
不具合が確認された場合はインディカーの認可のもとで
エンジンパーツの変更、マクラーレン製ECUソフトウェアの変更が許されます。

また今年は6月18日にもう一度エンジン性能の確認作業が
インディカーによって行われ
3メーカーのエンジンパワーの平均値よりも2.5%以上下回っている場合は
最大2%の性能アップのための改良が許されます。

今回インディカーがチェックするパーツは以下になります。

○両シリンダーヘッドに1気筒分の吸排気バルブとカムフォロアー、
カムベアリング、カムシャフト
○シリンダーブロックとオイルパン
○吸気パーツ
○ターボの吸気、排気ダクト
○直噴燃料噴射装置と通常の燃料噴射装置

今回、同封が要求される設計図は以下の物です。

○シリンダーライナー
○コネクティングロッド
○クランクシャフト
○吸気、排気マニホールドとシリンダーヘッドの接合面
○吸気側、排気側カムシャフト
○ロッカーアーム
○吸気側、排気側バルブ駆動機構
○吸気マニホールド
○スロットル本体とスロットルバタフライ
○フューエルレイル(直噴と通常方式の両方)
○電気系統の配線図

インディカーエンジン部会もこれからが忙しくなります。

各チーム、精力的にテスト中

2012年02月22日

a href=”http://blog.gaora.co.jp/indy/files/2012/02/NEWS_DETAIL.jpg”>
20-21 Febuary, 2012 Birmingham, Alabama USA Takuma Sato (c)2012 Scott LePage LAT Photo USA

RLLレーシングの佐藤琢磨選手はバーバーでの2日目のテスト走行を終えています。
写真は暫定カラーリングのレースカーですが、
フロントウイングはメインプレーン1枚にフラップが2枚付いていますね。
ガーニーフラップなどは見えませんが、どの程度アジャストできるのか
気になるところです。
リアウイングもフラップが2枚ついているように見えますが、
見た目では昨年の物よりも大型化されているように見えます。
レースカーのディティールは3月のセブリングの合同テストのときに
取材したいと思います。






こちらはテキサスでテスト中のRブリスコーとTカナーン。
昨年にDウェルドンがテストしたプロトタイプとは
若干エアロパーツが変更されてドラッグが大部低減されているそうです。

ロードもオーバルも生でその音を聞いてみたいですね。

各チーム、テストを本格的に開始

2012年02月21日


20-21 Febuary, 2012 Birmingham, Alabama USA __________ (c)2012 Scott LePage / LAT Photo USA

ホンダユーザーはバーバーモータースポーツパークで20日21日の両日に渡って
本格的なテスト走行を行っています。
佐藤琢磨選手もレイホールレターマンラニガンレースでの初走行となり
「初日としては上々の出だし」と語っています。



この日には佐藤選手のチームメイトになる可能性が高い
イタリア人のルカ・フィリッピ選手も姿を見せていました。
2011年GP2シリーズランキング2位という成績で
インディカーデビューを目指しています。

そのほかにも、シボレーユーザーはフェニックスで
ロータスユーザーはテキサスでオーバルテストをしています。

Teams at Barber Motorsports Park, Alabama (Feb. 20-21)
Honda
No. 9 Scott Dixon – Target Chip Ganassi Racing
No. 10 Dario Franchitti – Target Chip Ganassi Racing
No. 14 Mike Conway – A.J. Foyt Racing
No. 15 Takuma Sato – Rahal Letterman Lanigan
No. 18 James Jakes – Dale Coyne Racing
No. 19 Justin Wilson – Dale Coyne Racing
No. 38 Graham Rahal – Service Central Chip Ganassi Racing
No. 83 Charlie Kimball – Novo Nordisk Chip Ganassi Racing
No. 77 Simon Pagenaud – Sam Schmidt Motorsports
Chevrolet
No. 3 Helio Castroneves – Team Penske
No. 12 Will Power – Team Penske

Phoenix International Raceway, Arizona (Feb. 21-22)
Chevrolet
No. 4 JR Hildebrand – National Guard Panther Racing (Feb. 22 only)
No. 26 Marco Andretti – Andretti Autosport

Sebring International Raceway, Florida (Feb. 23-24)
Honda
No. 9 Scott Dixon – Target Chip Ganassi Racing
No. 10 Dario Franchitti – Target Chip Ganassi Racing
No. 15 Takuma Sato – Rahal Letterman Lanigan
No. 38 Graham Rahal – Service Central Chip Ganassi Racing
No. 77 Simon Pagenaud — Sam Schmidt Motorsports
No. 83 Charlie Kimball – Novo Nordisk Chip Ganassi Racing
Lotus
No. 2 Oriol Servia — Lotus Dreyer & Reinbold Racing
No. 78 Simona de Silvestro — Lotus HVM Racing

Infineon Raceway, California (Feb. 25-26)
Chevrolet
No. 2 Ryan Briscoe (Team Penske)
No. 4 JR Hildebrand — Panther Racing
No. 12 Will Power (Team Penske)
No. 28 Ryan Hunter-Reay (Andretti Autosport)
E.J. Viso and Rubens Barrichello (KV Racing Technology)

ちなみに、インフィニオンレースウェイでのテストは一般公開されます。

http://www.indycar.com/news/show/55-izod-indycar-series/51178-fans-get-first-look-at-new-car-at-infineon/

セントピートの新しい観光スポット、ダリ・ミュージアム。

2012年02月20日

新しい観光施設として
サルバトール・ダリ ミュージアムがセントピーターズバーグにできました。
それも、レースコースのど真ん中、ガレージエリアのわきです。

http://thedali.org/



レース開催中は開館しているのでしょうか?

セントピーターズバーグがコース設営をスタート

2012年02月19日

開幕戦を5週間後に控えたセントピーターズバーグですが
早くもコースの設営が始まりました。(写真は2009年の物)



1周1.8マイル(2.88キロ)のコースは飛行場の滑走路と一般道路、駐車場をつないでいて
1周に渡ってコンクリートバリアを敷設してフェンスを張り、
さらにマンホールのボルト止めや観客スタンドや歩道橋の建設など
相当の工事作業が必要になります。

これらは観光都市であるセントピーターズバーグ市が完全にバックアップしています。
日本から見に行くにはお勧めですね。レンタカーも必要ないですし
気候も暑すぎずにちょうどいいし、観光施設はたくさんあるし、街も非常にきれいです。



レースコース近くの街中にはリスがたくさんいます。
朝の出勤時には必ず目が合います。



去年は街中にしゃくとり虫(英語でインチワーム)が大量発生してて
踏まないように歩くのが大変でまいりましたね。

しかし毎年、セントピートに行ってシーズン開幕を実感していただけに
今年は現地に行かれないのが非常に残念です。