第96回インディアナポリス500 3日目

2012年05月15日

■Jニューガーデンがトップタイム
222.489mphをマークして”5月最速”を更新。
予選通過がなれば、テネシー州出身としてインディ500初出走になります。

■Bクローソンの速さの秘密
初日に220オーバーの3番手をマークしたBクローソンは今回がインディカー初ドライブ。
USACスプリントカー元チャンピオンに目を付けたのが
インディ500で3勝をあげているボビー・アンサー。
Bアンサーはオープニングデーの朝8時にクローソンを呼び出して
ペースカーに乗せてコースを周回し、さまざまなことを伝授した模様。
Bアンサーが若手に直々にアドバイスするのは今回が初めてで
何を伝授したかは”秘密”とのこと。
USAC出身の21歳の若手、ちょっと注目したいですね。
第2のトニー・スチュアートになるかもしれません

■ジャン・アレジがROPに合格、練習走行へ
45周を走って、トップスピードは211、516mph。
そのアレジはピットとガソリンアレイの間をトーイングカーに引かれて
往復する時もレースカーに座ってステアリングを握っているとのこと。
チームに言われたのでそうしていると本人談。
おそらく、本人が一人で歩くとファンにつかまってしまい
時間を浪費するからだと思います、