恒例のシリーズ「3人の見分け方」

2012年05月17日

インディライツを卒業して
インディカーへステップアップしてきた同期の3人。
何かと間違えられやすい
この3人がそれぞれ自己アピールします。

チャーリー・ヒンチクリフさん
JRキンボールさん、
ジェームス・ヒルデブランドさん、
それではどうぞ!

第96回インディアナポリス500 5日目

2012年05月17日

■Jニューガーデンがクラッシュ、壁に当たった人の仲間入り
ラスト16分のところでJニューガーデンはスピンし、
ピットレーンのウォールに接触した。
今年のインディ500でのクラッシュ第1号となる。
クラッシュのダメージ自体は大きいものではなかった模様。
しかしながら、Jニューガーデンはこの日のトップスピード
222.875mphをマーク。
とりあえず“当たったことがあるひと人”の仲間入りをしましたが
洗礼がこの程度のクラッシュで済んだならば相当ラッキーです。
予選でも注目したいですね。
インディ500でポールをとっても「ニューガーデン?シラネ」
とか言われそうですが。

■ルイシュニッツアーアワードの候補が出そろう
SAEインディアナ支部は18日に発表予定のルイシュニッツアーアワードの
受賞候補を発表。
①シボレー インディカーV6エンジン
②ホンダ HI12Rエンジン
③ロータス インディV6エンジン
④ダラーラ DW12シャシー
⑤Xトラック トランスミッション
⑥ボルグワーナー製 ターボチャージャー
昨年の受賞はHPD開発の燃料給油システム。
私は迷うことなくDW12を選びますね。

■晴天続きのインディアナポリス
初日から雨天中断が一度もないのは1998年以来。
そうでしたか。98年はテレ朝のお手伝いで10日間ほどいましたが
バンプデー以降は毎日激しいサンダーストームで
決勝朝も雨が降ってグリーンフラッグが30分遅れました。
ああ、縁起でもないですね。

■公開クラッシュテスト
26日にインディアナ州にあるCAPE(http://www.capetesting.com/)で
カーク・ラッセル、テリー・トラメル、ジェフ・ホートンらの識者が立会い
記者からの質問なども合わせて受け付ける。
このようなレースの安全性を確立するための
第3者機関が存在することがすごいですね。

■ダン・ウェルドン追悼イベント
昨年のインディ500ウィナーで
昨年の最終戦で命を落としたDウェルドンを様々な形で追悼する。
昨年のレースカーは20日まではミュージアムに展示され
26日にはパゴダプラザに展示される。
決勝日の入場者にはDウェルドンのお気に入りだった
”白いサングラス”が配られて、パレードラップと26周目、98周目には
全員でそれを着用する。
スタートコマンド前に昨年の優勝車をチーム代表だったブライアン・ハータが
追悼走行させる。
決勝前の車検合格シールはDウェルドンの図柄となる。
もちろん決勝チケットは昨年のウィナーである
Dウェルドンの図柄となります。