初心者用に用語解説が必要ですか?

2012年06月25日

ある人からはあったほうがいいのでは?
と言われましたが、私はその必要はないと思っています。

私がインディカーの番組を始めた時は
F1ブームの真っただ中の「セナプロ」時代でしたが
番組内では「ターン」「トラック」「リーダー」
「リードラップ」「リードチェンジ」「ラップリード」「ラップリーダー」
「プッシュ」「ルーズ」「フューエルウィンドウ」など
F1中継では使われることのない用語を番組内であえて多用して
アメリカンモータースポーツらしさを演出することに意識しました。

GAORAで番組を担当するようになてっても
「デブリ」「スリーワイド」「レースアナリシス」「スクイーズ」「トップオフ」など
注釈なしで多用してきましたが
今ではそれらのワードはその他のレース中継でも定着して普通に使われるようになりました。

名スポッターのロジャー安川選手

2012年06月24日

今回、スポッターのお仕事紹介ビデオでは
ロジャー安川選手のスポッター音声を紹介しました。
2010年の琢磨選手のデビュー戦の時のものです。

で、そのレースで最後は武藤選手と琢磨選手が
ぶつかって終わってしまったわけです。

生放送では武藤君はそのクラッシュをロジャーのせいにしていましたが、
すかさず、ロジャーはツイッターで反論してきていました。

RT @HidekiMutoh えっ、見てたんですか!?ですよね~、ロジャーさん悪くないです!最高です(>_<)RT @RogerYasukawa @HidekiMutoh こら~、俺のせいじゃないぞー。 #indyjp

この反論を生中継で取り上げて
スタジオからロジャーの携帯に電話すればよかったですね。
武藤君がロジャーからの反論があったことを言ってくれなかったので
チャンスを逃してしまいました。


右から4人目がロジャーです。
2010年のアイオワでの写真です。

しかし、今回はなんとかレースがスタートで来て・・・・・・
なんとかレースが野球中継の前に終わってよかったです。

でも、ロジャーはどこでGAORAの生中継を見てたんだろ?

今回は3時間45分の生中継でした。

JR西日本の車両のほうが揺れる?

2012年06月23日



大阪移動の時には新幹線の中で資料を作成することが多いです、
最近では電源もあるし、ネットには繋がるし便利なことこの上ないですが、
たまに気になることがあります。

それは、たまに振動のひどい車両に出会うことです。
ひどい時にはマウスでポインティングができません。
あまりに振動がひどくて。

情報として、最後尾の車両、パンタグラフのある車両は
揺れが大きめであることは知っていますが、
最新鋭のN700系は全車両がセミアクティブダンパーを備え
かなり横揺れを制御しているのが実感できます。
トイレに行くときに通路を歩けばすぐにわかります。
以前は揺れでジグザグに歩く形になりましたが、今は真っすぐ歩けます。

それでも、たまに細かな振動がひどい車両に当たるのです。
で、車掌さんに伺ったところ、
JR西所属の車両は点検の頻度?精度?が違うらしくて
振動する個体がよくあるんだそうです。

見分けかたは車両の先頭に「Z」と書いてあるのがJR東海所属で
「N」とあるのがJR西日本所属なんだそうです。

皆さんも注意してみてみてはいかがでしょうか?

それにしてもすごく親切で丁寧な応対の車掌さんで
ガラガラ車両で隣に人がいる席にアサインされてしまう件も相談しておきました。

コーンスカイ

2012年06月22日



おととしにアイオワに行ってきたときの
予選日の夕方の写真です。
窓の外が真っ黄色だったので外に飛び出してみると。
空がものすごい色になっていました。



上の写真、全く色補正していません。
このまんまでの色に見えました。
ホテルのほかの宿泊客もみんな外に出てきて
写真を撮っていましたね。

この雲、竜巻の前兆なんだそうです。
さすが、アイオワ。
雲までコーンになるのかと思いました。

今週末の生中継ですが
最大で1:55まで延長します。
さもなくば、阪神戦が始まってしまいます。

海外からのコメント

2012年06月21日

某所に、インディ500のラスト3周のGAORA実況を見た外人が
コメントを寄せているのを見つけました。

Sometimes you don’t need a translation.
Zongooo


These announcers are so funny
macjacmccoy10


You don’t have to speak Japanese to know how that felt.
johnnystir


… my favorite clip of the end to this FANTASTIC race.
No other commentary captures the raw emotion of the conclusion of this race – GREAT STUFF.
CDCReferee


The only thing I easily understood was: “Aaarrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrr­gh” (1:18).
emguediguian


The claps to Sato after his crash are, truly, a lesson for those that thinks that are commentators. Hats off!
wrctube


Didn’t understand a word but loved the commentary regardless, japanese people are awesome.
13Xerro


I’m impressed by the professionalism displayed by the commentators; despite being gutted about Sato’s crash, they still clapped Dario when he crossed the line. I must say, I was gutted to see Sato crash, despite being a Franchitti supporter in a round-about sort of way.
Muppetmad2


I feel you guys, I had the same reaction.
DWFan10


I felt just like those commentators when I saw him spin. Gutted.
dgmcl3284