レース中の情報収集

2012年07月21日

公式ツイッターなどをチェックするとともに
生放送中は私は片耳で現地の英語実況を常時チェックしています。
結構重要なのはピットリポートです。

ABCとNBCのどちらも3人のピットリポーターを配していますが
かなり頻繁に実況にリポートを割り込ませています。

そして、3人のピットリポーターにはぞれぞれ5人のディレクターがついて
常に情報を集めまくっています。
トップから1台ずつ順番に映してゆくABC中継の時の「UP to SPEED」や
NBC中継時の「Throgh the Field」の時はかなり重要な情報が流れてきます。

前回のトロント戦ではレース終盤に2位、4位にいた
SパジェノーやTカナーンの燃料が1周分足りないという情報が飛び込んできました。
その情報収集能力はすごいですね。

その他にも、ピットリポーターがチームのストラテジストに
燃費やさまざまな状況を直接聞きに行ったりしていますが
ここが日本のレースとは大きく違うところですね。

日本では何もかも秘密になってしまい、燃費やフューエルポジションですら隠そうとします。
まあ、その差が視聴者が戦略を楽しめるかどうかの違いに出てきているわけですけど。
そういう部分で視聴者やレース観戦者に戦略を楽しませる機会というか
レースをしっかり魅せるという部分を大いに阻害していますね。

そういうこともあって、アメリカのレースファンはレースの見方をよくわかっています。