只今、絶賛噴火中!!

2013年03月08日



http://www.avo.alaska.edu/activity/avoreport.php?view=kaminfo


カムチャツカ火山観測局(KVERT)の情報によると結構噴いてますねえ。

トルバチック、シベルーチ、キジーメン、カリムスキー各火山の
航空機への警戒コードがいずれもオレンジです。
これらのどれかがいつ、大噴火を示すコードレッドになるかが心配です。
たしか、去年に大噴火で成田行きに欠航が出た覚えがあります。

カムチャツカやクリル諸島の北部、アラスカは火山が多く
かなりの頻度で大噴火しています。
これが東京とアメリカを結ぶ航空路によく影響を及ぼします。

火山ガスが航空路に漂うと、
眼や鼻に結構来ます。

火山灰が漂っている場合は大きく迂回しますが
二酸化硫黄などの火山ガスが薄く漂っている時は
飛行機はそのままガスの中を突っ切ります。

ガスの濃度は極めて薄いので
人体に深刻な影響はないのでしょうが、
アレルギー体質の人は反応すると思います。

以前に、三宅島が大噴火した時に
南風に乗った火山ガスが首都圏に流れましたが
その時も同じような感じになりました。

シベルーチ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%81%E5%B1%B1

トルバチック
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%81%E3%82%AF%E5%B1%B1