ポコノでタイヤテスト実施

2013年04月11日



7月7日に1989年以来のインディカーレース開催となる
ポコノ・レースウェイでファイアストンのタイヤテストが行われました。
このテストはファイアストンがレースタイヤを選定するのが目的です。

参加したのはMアンドレッティ、Sパジェノー、Dフランキッティ
Wパワー、Hカストロネベスと百人ほどの観客。

ファイアストンはインディ500で使用したタイヤをベースに
タイヤ構造とコンパウンドの違う複数のタイヤをテストしました。

エアロパーツはインディアナポリスとカリフォルニアスピードウェイで
使用されたものでテストが行われています。

ポコノ・レースウェイは1周2.5マイル(4キロ)のトライオーバルで
コーナーバンクはぞれぞれ14度、8度、6度。
フロントストレートは1140mあり、ターン1は
インディアナポリス・モータースピードウェイのターン1よりもタフかもしれません。

ポコノでのトラックレコードは
1989年にエマーソン・フィッティパルディがマークした211.715 mph です。


大きな地図で見る

マルコ・アンドレッティは
「超高速のショートオーバルみたいだ。」
「とくにターン1は難しい、バンク角度の違うターン3とのバランスがとれたセットを見つけるのが大変だ」
「ポコノはまるでナザレスをパワーアップさせたようなコースだ」
と感想を述べています。

ちなみにナザレス・スピードウェイはこちらです。


大きな地図で見る

どちらもペンシルバニア州にあります。
ペンシルバニアの人は三角形が好きなんでしょうか?

ちなみにナザレスには
アンドレッティ家の実家(一昨年Mアンドレッティが購入)があり
少し西に行ったレディングにはペンスキーの本部がありました。
ペンスキー本部は5年くらい前に洪水に見舞われて
ノースカロライナ州に移動してNASCARのチームと統合されています。