今回のコメンタリーは野田英樹さん

2013年08月04日



F1,インディカー、ルマン24時間と
世界で幅広く活躍されてきた野田英樹さん。

今年は自らNODAレーシングアカデミーという学校を創設されて
学校長として活躍されています。
http://www.noda-racing-academy.org/

これまでのレーシングスクールとは違って
全寮制で高校、中学の卒業資格とともにレースのすべてを学ぶというものです。

中学校は茂木町内の中学に通いますが
高校は茂木町内の廃校となった学校の校舎を借りうけて授業を行い
放課後というか、通常の学習が終わった後にツインリンクもてぎで
レースの様々なことを学習します。

野田さんは現役時代に
英国F3,国際F3000、F1世界選手権、
インディライツ、インディカーシリーズ
ルマン24時間レース、A1グランプリ、全日本GT選手権
全日本選手権フォーミュラ・日本などと幅広く活躍されてきました。

おそらく、海外で一番多くのシリーズに参戦した日本人かもしれません。
インディライツでは1997年にポートランドで日本人初優勝を記録。
2002年にはインディカーシリーズでフェニックスの1マイルオーバルで
10位を記録しています。

野田英樹さんが持つレース観はかなり興味深いですね。