インディアナポリスでロードコースレースを開催

2013年09月27日


インディアナポリスモータースピードウェイ(IMS)は
2014年の5月にIMSのロードコースで
レースを開催すると発表しました。

レースは第98回インディアナポリス500の
オープニングウィークエンドに開催され
このロードコースレースを開幕イベントとして
大トリのインディ500までの5月のインディ月間を
盛り上げようというわけです。

インディカーによるスピードウェイでのロードレースは史上初で
コースはGレイホールによってテストが行われ
よりパッシングがしやすいレイアウトに修正するために
この秋にコース改修工事が行われ予定です。

レースイベントや新しいコースレイアウト、インディ月間の詳細は
10月1日に改めて記者発表が行われます。

私個人としては非常に楽しみですね。
“The month of May”も一時に比べればだいぶ縮小し
トラックレコードに関しても安全対策から1996年に止まったままでした。

来年からはさらなる予選でのスピードアップが試されますし
ポールデーまでの最近の盛り下がりに関しても
新たにロードコースレースを開催して派手にぶち上げるのも
インパクトがあっていいでしょう。

レースカーのロード使用に関しても
オープニングデーウィークエンドのみならば
500にプログラムへの影響はありません。

まあ、一部には聖地が・・・・とか
伝統が・・・・とかいう声もあるようですが、
ミルクもないでしょうし、スタートコマンドも別の人になるでしょう。

そもそも
スピードウェイは1993年までは年に一回、
インディ500しか開催しなかったところに翌年からは
あのNASCARストックカーレースがはじまり
その時も不満を漏らす”原理主義”的な方はいました。

しかし、
いまやモトGPやスポーツカーレースまで開催しています。
インディカーがレースを始めたところで大きな変化はありません。

インディアナポリスは
ブリックヤードをやめ、女人禁制もやめ、他のレースの開催をゆるし
コース幅も狭めてスピードダウンさせ。
コントロールタワーも近代的に改修し
近代的なビデオモニターも完備されて、
もはやトム・カーネギーの声もありません。

100年を超える歴史の中で
伝統を残しつつも絶えず少しずつ変化しているのです。