チャンピオンシップセレモニーはユニバーサルスタジオで

2013年09月21日



2013年のシリーズ年間表彰式は
10月20日にハリウッドにあるテーマパーク、
ユニバーサルスタジオで行われ、
シリーズチャンピオンには伝統のアスターカップと
賞金の100万ドルが授与されます。

この模様は
www.indycar.com
日本時間21日月曜日午前10時半よりストリーミング放送されます。

一般にもチケットが限定販売されますが、
INDYCAR NATIONのメンバーはこちらで購入できます。
http://indycarnation.indycar.com/experiences/default.aspx?productid=7b1c7ac8-ec1b-48f1-8b29-a62a83b1873a

ちなみにテーマパーク自体の入場料金は
身長122㎝以上の人は$84.00
それに満たない人は$76.00です。
どうやら、122㎝に達しない人は乗れないアトラクションがあるようです。

ちなみにJAFの会員証を提示すると同行者6人まで3ドル割引になります。
JAFの会員証ではNASAのスペースセンターも割引になりました。

HPDが新しいシミュレーターを開発

2013年09月20日



ホンダパフォーマンスデベロップメントと
インディアナ州のブラウンズバーグにある技術センターに
シミュレーター、”Driver-in-the-Loop (DIL)”を設置しました。

DIL自体は2007年にHPDがスポーツカーレースに参戦し始めた時に
イギリスのHPD施設に設置しています。

DILでは各レーストラックでのさまざまな気温、風向風速、
路面コンディションなどを設定でき
それぞれの状況の中でのエアロダイナミクスや
エンジンマッピングなどのテストが
劇的に低コストで行えるようになっています。

もちろんドライバーの自身の経験を積むためにも有効です。

Sディクソンは
「これまで3,4レースごとにイギリスに飛んでたのに
今後はその必要がなくなる」
と喜んでいます。

これまでも精巧なシミュレーターはありましたが
DILではエンジンマッピングの変更による
様々ななトルクカーブを試すことができるというのが最大のウリです。

このようなシミュレーターの進歩は
本当に劇的なコストダウンを実現します。
航空業界でも、民間パイロットの訓練専用空港として使われてきた
沖縄県の下地空港では、もはや実機訓練は行われなくなってしましました。
バーチャルの世界の進化はものすごいですね。

ヒューストンといえば

2013年09月20日



NASAのジョンソンスペースセンターですね。
http://spacecenter.org/
敷地内には一般見学施設の「スペースセンター・ヒューストン」があって
展示施設のほか、トラムツアーで本物の宇宙飛行士の訓練や
アポロ計画で使用されたミッションコントロールルームなどが見学できます。
私は20年位前に一度行きました。

ヒューストンに行かれる際にはお勧めです。

4年前にはスペースシャトルの打ち上げを見るために
15年ぶりにフロリダのケネディスペースセンターに行ってきたのですが
展示がかなり変わっていたので
ジョンソンスペースセンターにもまた行きたいですね。

チャンピオンシップへの登竜門

2013年09月19日

ここ数年ではシリーズ終盤に新たな開催地でのレースが続いています。
2011年のモルティモア、2012年のオートクラブスピードウェイなどです。

いずれのレースでも波乱があり
チャンピオン争いに大きな影響を及ぼしてきました。

で、
今年はヒューストン市街地コースでの
ダブルヘッダーが立ちはだかります。

初開催だけに、チームのノウハウもなく
ドライバーにとっては精神的な準備も必要になります。

正確に言えば2007年にチャンプカーが同じ場所でレースをしていて
Wパワー、Jウィルソン、Sブルデーなどの6人が走っていますが
当時の経験はほとんど役位立たないとSパジェノーは語っています。

ここ数年での新たな開催地でのウィナーは以下の通りです。


2013 Pocono Raceway Superspeedway Scott Dixon
2012 Auto Club Speedway Superspeedway Ed Carpenter
2011 Twin Ring Motegi Road Course Scott Dixon
2011 Streets of Baltimore Street Circuit Will Power
2011 New Hampshire Motor Speedway Short Oval Ryan Hunter-Reay
2011 Edmonton City Centre Airport Temporary Circuit Scott Dixon
2010 Streets of Sao Paulo Street Circuit Will Power
2010 Barber Motorsports Park Road Course Will Power

こうしてみると
SディクソンとWパワーの初物への強さが光りますね。

モントーヤの復帰に関して各ドライバーの反応

2013年09月18日


久々のインディカーへの復帰で
当時にはいなかったドライバーとの新たなカラミが楽しみですね。