インディカーのリスタートルール

2014年03月31日

リスタートのルールですが
コントロールラインの100mくらい手前に
リスタートゾーンというのが設けられ
リスタートゾーンの起点と終点はウォール上のコーンで記してあります。
写真では黄色い線の間がリスタートゾーンになります。



ラップリーダーがこのリスタートソーン内に入ると
任意のタイミングでグリーンフラッグが振られ
全車の加速と追い越しが可能になります。

グリーンになればコントロールライン手前でも
パッシングOKです。

今回のリスタートでのトラブルは
Wパワーがこのリスタートゾーンに差し掛かる前に
グリーンフラッグが降られたということで
Wパワーは。リスタートゾーンに入るまで加速を控える一方で
その後方ではグリーンフラッグを見て加速を開始しました。

基本的にWパワーは違反を犯していないので
ペナルティの対象にはなりませんが、
今後は対策されるかもしれませんね、

インディカー観戦ガイド、無料公開中!!

2014年03月31日

ニコニコ動画で無料公開中です。
インディカーをこれまで見たことなかった方や
モータースポーツ初心者に最適です。

http://www.nicovideo.jp/watch/so23204398?ref=search_key_video

開幕戦、進行表作成中!

2014年03月30日



ただいま、プリレースの進行表を作成中。
今回のホスト局はABCなので、プリレースは短めです。
お祈りとアメリカ国家はABCでも中継されません。

しかし、番組冒頭にいきなり2分の琢磨特集Vが流れるようです。

セントピートに到着

2014年03月30日

新幹線で我々のセントピートに到着しました。
地下鉄御堂筋線に乗り換えると、なぜか阪神電車が来ました。


どうやら昔の地下鉄のペイントスキームの復刻版のようです。

琢磨選手がポールスタート!!

2014年03月30日



去年のヒューストンレース1以来4度目のポールポジションです。
荒天の影響で3時間以上も遅れて開始された予選でしたが
現地ではすでにデーライトセービングタイムも始まり
日没が遅いこともあって何とか予選が行われました。

雨で予選が流れていた場合は
昨年エントラントポイントでグリッドが決まる可能性があったので
琢磨選手にとって予選の有無は
大きく運命を左右する結果になたっということです。

明日の降水確率は0%。
まずは、朝に行われるファイナルプラクティスセッションが注目ですね。