レイホールが訴訟についての声明を発表

2014年03月01日

レイホールレターマンラニガンレーシング(RLL)は
このたびのナショナルガードのスポンサー契約などの一連の件に関して
パンサーレーシングがインディカー、ナショナルガード、RLLに対して
訴訟を起こしたことを遺憾に思うとの声明を発表しました。

その声明によれば
現在、パンサーレーシングはRLLとスポンサー契約を結んだ
ナショナルガードに対して損害賠償を求めています。

スポンサー契約に関しては
競争入札形式をとって総合的に判断した結果、
およそ500万ドル低い額を提示したRLLとの契約に至ったようですが
「今回のナショナルガードと契約は妥当なものであり
今回の訴訟は全く理解できないものであり遺憾に思う。
今後も勝利へ向けてナショナルガードと共にレース活動を行う」
と声明を発表しています。