ポコノレースウェイがペンシルバニア州から表彰される

2014年03月11日



ペンシルバニア州のトム・コルベット州知事は3月10日に州庁舎にて
ポコノレースウェイがこの45年間スポーツや娯楽において
経済的に州に貢献してきたこと表彰し、
ポコノレースウェイとペンシルバニア州の重要なつながりを
改めて確認することになりました。

ポコノレースウェイは1968年の開設以来、
1971年からインディカーレースを開催し
1974年からはNASCARレースを開催するようになり
これまでに2万5千750万ドルの経済効果と2752人の雇用を生み出しました。
その後もファンの心をつかみ続け、
地元のロングポンドエリアとペンシルバニア州と良好な関係を保ってきました。

研究機関の調査によると
2013年にポコノレースウェイを訪れた観客の55%は
州外もしくは国外からの来訪者で3泊から5泊で滞在し、
その結果、1500万ドルの税収とさらに
1500万ドルの経済効果があったとされています。

ポコノレースウェイとペンシルバニア州は
まさに持ちつ持たれつの関係となっているようです。