バイザーCAMに見るドライバーの視界

2014年04月22日



最近、恒例のSパジェノーによるバイザーカムでの映像ですが、
http://youtu.be/mW6mJm63Svw
小型カメラをヘルメットの上でではなく、まさにバイザーに粘着テープでつけているので、TV用のオンボード映像と違って、実際のドライバー視点にかなり近いものとなります。
実際に首ふりによってドライバーがどこを見ているかもよくわかります。

リアルな前方視界もとより、注目すべきはリアビューミラーです。
ドライバーがどのような後方視界を得られているかもよくわかります。

前回のロングビーチグランプリではニューガーデンとハンターレイはターン5でぶつかり、パワーとパジェノーはターン7でぶつかり、ディクソンとウィルソンはターン8手前でぶつかりました。
その場所でのミラーの写りを見てみるのも面白いでしょう。

また、0:35当たりのスタンディングスタートの練習のところも面白いですね。右手でクラッチを一気につないで、左手で半クラッチをコントロールしています。エンジン音からもよくわかりますね。

せひ、フル画面にしてハイビジョンの1080pモードでお楽しみください。