ウィル・パワーから勝利を奪い取ったコンウェイ

2014年04月24日



今週末の生中継に備えて、ロングビーチ戦の録画をおさらいしていましたが、コンウェイの見事なレース運びにあっぱれです。パワーの開幕2連勝を運と実力で阻止して優勝をもぎ取りました。そもそもコンウェイの予選は17位で琢磨選手よりも後ろ。本人にとってもこの結果は驚きでしょうが、レースを振り返るとやはり、レースに勝つためのすべての努力がそこにはありました。

○ハードタイヤでの頑張り
予選17位ということで、自動的に新品のソフトタイヤが2セット手元に残りました。ということは、スタートでの新品ハードタイヤでどこまで頑張れるかが最初の仕事でした。ピットインするまでの22周で4台抜いての13位までポジションアップしています。

○リスタート後のジャンプアップ。
その後の2セットのソフトタイヤの走りではリスタートごとに順位をアップさせています。リスタート直後の31位周目には9位へアップし、さらにリスタート45周目では7位にアップしています。

○早め早めのピットインが大成功
1回目のピットストップをフューエルウインドウから逆算して22周目と早めに入り、その結果2回目も53周目と他よりも早めのタイミングとなりました。2回目のストップまでに6位にまで上がってきています。

○うまくすり抜けたコンウェイ
例のターン5での多重クラッシュで、最初にすり抜けたのはパワーでしたが、それに続いていたコンウェイも見事にすり抜けました。この動物的カンによるものだったのか、しっかりと見えていたのか、さすがでした。

○大外がりでパワーをオーバーテイク
多重クラッシュ明けのリスタートではどのみち燃料が足らないディクソンとウィルソンは置いといて、このままいけば3位のパワーと一騎打ちになる展開でした。しかし、この最後のチャンスをコンウェイは見逃しませんでした。ぎりぎりのブレーキングでパワーをアウトサイドからパスすると、一気にウイルソンのテールに食らいつきました。結果的にウィルソンはディクソンと接触して走行不能になりましたが、コンウェイからのプレッシャーを感じたのかウィルソンは強引にディクソンに仕掛けて接触してしまいました。コンウェイはその接触寸前にはウィルソンのインサイドをうかがっていたので、前に出るのは時間の問題だったでしょう。しかし、どのみちウィルソンもディクソン同様に1ストップが残っていました。

○Wパワーの開幕2連勝を阻止
燃費セーブでダラダラと走るディクソンにアタマを抑えられながら、後方からのWパワーの攻撃を受け続けましたが、そのパワーはP2Pがすでに打ち止めではあったものの、コンウェイのフロントウイングはオープニングラップの接触でダメージを受けていました。残り10周のリスタートでも絶妙なダッシュでWパワーをしのいで最後までポジションを守り通しました。

こうしてみてみると、ハードタイヤで巧みに戦い、アクシデントを巧みに回避して、かつ着実に前を抜いていてポジションをアップするという何か耐久レース的な戦い方で勝利をものにしたといった感じですね。

モンタニーがインディGPに参戦

2014年04月23日



フランス人のフランク・モンタニーがアンドレッティオートスポーツの5台目として、インディGPに参戦することが発表されました。モンタニーは2008年にソノマでアンドレッティからインディカーレースにスポット参戦し、先月のホームステッドで行われたインディカーのロードコーステストにも参加していました。

カーナンバーは26で、すでにアンドレッティの5台目としてインディ500参戦が決まっているカート・ブッシュとロード、オーバルとでシートを分け合う形となります。

36歳のモンタニーはルマン24時間レースに12回出走して表彰台には4回乗り、F1にはスーパーアグリから7レースに出走しています。最近ではフランスのTV局、CANAL+でF1中継にピットリポーターを務めていました。

エリオに保護観察

2014年04月23日



第2戦ロングビーチのの後に、Hカストロネベスの6月いっぱいまでの保護観察処分が下されました。インディカーのメディアポリシー違反だそうですが、何があったのでしょうか?

バイザーCAMに見るドライバーの視界

2014年04月22日



最近、恒例のSパジェノーによるバイザーカムでの映像ですが、
http://youtu.be/mW6mJm63Svw
小型カメラをヘルメットの上でではなく、まさにバイザーに粘着テープでつけているので、TV用のオンボード映像と違って、実際のドライバー視点にかなり近いものとなります。
実際に首ふりによってドライバーがどこを見ているかもよくわかります。

リアルな前方視界もとより、注目すべきはリアビューミラーです。
ドライバーがどのような後方視界を得られているかもよくわかります。

前回のロングビーチグランプリではニューガーデンとハンターレイはターン5でぶつかり、パワーとパジェノーはターン7でぶつかり、ディクソンとウィルソンはターン8手前でぶつかりました。
その場所でのミラーの写りを見てみるのも面白いでしょう。

また、0:35当たりのスタンディングスタートの練習のところも面白いですね。右手でクラッチを一気につないで、左手で半クラッチをコントロールしています。エンジン音からもよくわかりますね。

せひ、フル画面にしてハイビジョンの1080pモードでお楽しみください。

第2戦ロングビーチグランプリ 作戦解析

2014年04月20日


※クリックで拡大

優勝したMコンウェイは予選17位から新品ソフト2セットを最大限に活かすために、スタートは新品ハードタイヤで20周過ぎでピットイン。フューエルウインドウは30周なので、新品レッドを30周ずつ使う作戦です。

Q1敗退で予選14位だったWパワーも同じ作戦ですね。

3位フィニッシュ初表彰台ゲットのルーキーのCムニョスは予選で使用したレッドタイヤでスタート。こちらも22周を消化して第2スティントをハードタイヤで目いっぱい走る作戦でした。

面白いのは予選20以下に沈んだMアレシンとSサベードラ。
みごと6位フィニッシュしたアレシンは新品ハードでスタートしてわずか5周でピットイン。残りは全部ソフトタイヤでつないで生き残って6位フィニッシュ。
サベードラはスタートでエンジンストールして大幅に出遅れたものの、その後の3回のピットタイミングがうまくはまって、例の多重クラッシュの時はラップリーダーで何事もなく通過して、その時のイエローでうまく最後のピットストップを済ませています。

今回はフューエルウインドウが30周での80周レースだったので
燃料に余裕の出る10周分と3種類のタイヤをどう使い分けるかがレース結果に大きな影響を与えています。