テキサスでの空力ルールが変更に

2014年06月06日



今年のテキサスでのレースは去年に比べてダウンフォースがおよそ300ポンド(約136㎏)増加されることになりました。その結果として、ドラッグ(空気抵抗)は去年と同じ気象条件では50ポンド(約22.7㎏)増えますが、4ストップ5スティントレースの中でタイヤのデグラデーション(ささくれ摩耗)は緩和されます。

インディカーは4月に行ったテストの結果を受けてファイアストンと協議し、タイヤは昨年同様のスペックのタイヤを使用することに決定し、ドライバーからの意見を集約してエアロパッケージを変更することに決定しました、その結果、空力ルールは2012年の規定に近いものとなり、Sディクソン曰く「完璧」だそうです。

NTT DATAがスポンサーシップをさらに拡大

2014年06月06日



去年のインディ500からチップガナッシレーシングと契約を結び、RブリスコーをサポートしてきたNTT DATAですが、そのスポンサー活動をさらに広げ、今度のテキサスでのレースの予選のタイトルスポンサーを務めることになりました。NTT DATAの北米拠点はテキサスモータースピードウェイよりほど近いプラノというところにあるということです。