ドライバーを冷やせ!

2014年06月28日



インディカーはヒューストンでの高温多湿を考慮して、急きょドライバー冷却のための開口部を開けることを許可しました。ダラーラが供給するテンプレートによって開口部の大きさや型は決められて、高さ1インチ、横4インチの大きさとなります。これでかなりドライバーは涼しくなるそうです。

合わせてインディカーは高温対策用のラジエターをこのヒューストンととフォンタナで使用することを許可しました。よりきめの細かいメッシュにすることにより最大で5度ほどの水温低下が見込めるということです。


こりゃ、レース中はピットクルーやピットテック(ピットオフィシャル)の人たちは大変ですね。

ヒューストングランプリ レース1グループ分け

2014年06月28日