ミッドオハイオのピットボックスがワイドに

2014年08月01日



これまでシリーズ最少のピットボックスだったミッドオハイオですが、エントリーが去年の24台から今年は22台に減少したためにピットボックスの前後長が35フィート(10.67m)から40フィート(12.19m)に延長されました。40フィートはソノマなどと同じ長さです。ちなみに広いところではセントピーターズバーグの44フィート(13.41m)などがあります。