最後のオープンテストが終了

2014年08月28日



最終戦の舞台となるオートクラブスピードウェイで、現地8月27日水曜日夕方から全チーム参加によるオープンテストが行われました。走行時間は6時間で、現在ポイント2位のHカストロネベスは最多となる142周を走りこみました。

現地フォンタナではまだ日が高い夕方からどっぷりと日が暮れるまでのトータル6時間のセッションが設けられ、各チームはテストランとピットインを繰り返しては気温や路面温度の変化に対して様々なセットを試していたようです。



テストの結果は上記のとおりですが、最後は集団走行になっていたので、上位タイムはドラフティングによる速度アップがだいぶ影響していると思われます。
ちなみに佐藤琢磨選手は前半終了時点では6位につけていました。

ルイジアナグランプリを2015年4月に開催

2014年08月28日



インディカーは2015年シーズンにルイジアナ州ニューオリンズの14マイル(20キロ)ほど南西のところに位置する1周2.67マイル(約4.27キロ)、ターン数13のNOLAモータースポーツパークでレースを開催することを発表しました。

ルイジアナインディグランプリは4月12日決勝の3デーイベントとして開催。この週末にニューオリンズ近隣で開催される人気音楽イベントのクオーターフレンチフェスティバルと共に地元音楽や料理などの地元独特のカルチャーも楽しめるイベントになっています。

イベント開催に先駆けて、今年の初めにルイジアナ州はイベント開催のための設備投資として450万ドルの支出を決定。NOLAモータースポーツパークの自己資金と合わせてレーストラックやコース設備の改善が行われることになっています。

NOLAモータースポーツパークとインディカーの協力のもとでコースレイアウトも変更される予定で、JヒンチクリフとGレイホールがアドバイザーとして参加することになっています。来年の2月にはインディライツ以下、3つのステップアップカテゴリーのウィンターテストも行われる予定です。

レースはアンドレッティスポーツマーケティング(ASM)がレースプロモートとオーガナイザーを担当。セントピーターズバーグGPの最高責任者だったTラムズバーガー氏がASMに合流して、ゼネラルマネージャーとしてイベント開催を担当します。

2015年カレンダーに関してはすでに何レース可の開催日が発表されていますが、全スケジュールは今週末の最終戦で発表される予定です。